FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-02- | ARCHIVE-SELECT | 2005-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

今日も元気だ お酒がススむ 「簡単レシピ(31158)」

休みの日。
だんだんと外の日差しが翳り始めて日が暮れてくると、わけもなくほんの少し気持ちが沈む。
貴重な休みがもう終わってしまう…という感覚でもなく、日暮れとともに片付けなくてはならないノルマがあるわけでもない。
ただなんとなく、ため息のひとつもつきたくなる気分になる。
昔、まだ荻窪で一人暮らしをしていたころは、日曜の夕暮れ時がたまらなく嫌いだった。
夜が明けると始まる新たな一週間への辟易はもちろん、日曜の家族団らんの香りがマンションの窓ひとつ隔てたいたるところから漂ってきそうで即席鬱に陥ってしまうのが常だった。
つけっぱなしにしているテレビから、和気藹々ファミリーの代名詞であるサザエさんのテーマソングが流れようならもう最悪で、巷で取り上げられるよりずいぶん前から、自らを密かに‘サザエさん症候群’と名づけた。あの名称がメディアに登場したときはマジでパクられたと思った。

今はもう、そこまでの悲壮感は失せたけど、それでもやっぱりひとりの夕暮れはなんだか寂しい。
そう感じるのがいやだからというわけでもないんだろうけど、まだ外が明るいうちから料理をするのが、オフをひとりでやり過ごす癖になってきているような気がする。
料理開始とともに、ダイニングテーブルには何かしらのアルコールが登場するから、作るものはまずは酒のツマミ。
たとえ煮物だろうとカレーだろうと、メインディッシュに取り掛かる前にまずはツマミを作ってグビっとやる。これが私のひとりきりのオフの醍醐味かも。

今日はなぜかやたらと鶏レバーが食べたくなって、若い頃から作っている八角煮を作ることに。
だけどビールを開けたら待てなくなって、まずは焼き鳥風に焼いてみることに。
串打ちの難しさに閉口しつつも、魚焼きグリルで塩を振って焼いただけのレバーのおいしいことといったら…。
そうして残りのレバーで作った八角煮もやわらかくて美味。濃い目の味付けが焼酎のペースに拍車をかける。

今日も遅く帰ってくる相方の夜食には、先日恵比寿婦人が「はなまるマーケット」で仕入れたという黄金比肉団子レシピをアレンジしたトマト煮込みを用意。
本来は中華風のお団子だけど、長ネギを玉葱にして、ショウガ汁を除いてオールスパイスをいれたらほぼハンバーグに。だけどハンバーグよりも‘練り’に本腰をいれたお陰で舌触りが滑らかなおいしい逸品に。
豚と鶏モモのひき肉を3:1で入れるのがおいしい肉団子の黄金比といわれるらしいけど、合挽きと鶏モモ3:1でも、洋風仕立てでもこの定説は生きると判明。
ハンバーグとはいわず、あえて‘洋風肉団子’といいたい簡単メニューだったのだ。

画像とレシピは、こちらから。

blogランキングなるものにエントリー中。
今日の日記は何位かしらん?
読んだらポチっとクリックを!

人気blogランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 18:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |