FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-02- | ARCHIVE-SELECT | 2005-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

大地真央の残念 「それってどうなの?(251)」

CM批評で斬ったキリン上海冷茶のCMキャラが変わった。張りのあるお肌のせいで年齢不詳を装っているわりに、もうじき40代とおさらばに違いない大地真央から、愛くるしい加藤ローサへ。
広告企画的に、最初からタイミングをずらした上でのダブルキャストだったのかも知れないけれど、大地真央の違和感を強く感じた私から言わせてもらえば、あれは不評をかっての差し替えに間違いない。
なぜ大地真央だったのか。
上海生まれというわけでもなければ、上海にゆかりのある舞台や映画で主役を張ったわけでもない。
上海冷茶の商品キャッチ「一滴残らず麗しい」からイメージできる麗しさがあると敢えていうとするならば、しかしそれはいかにも金のかかった美顔術(←死語?)の賜物ってことを付け加えたい。
そう推察すると、やはり彼女の器用はマツケンの向こうを張ったキンキラキンコスチュームの似合い度と、加えて元夫婦だし…的ななんの深みもない制作側のお安い洒落だとしか思えない。

が。
これだけ叩いておきながら、実は今も上海冷茶を飲み飲みキーボードに向かっている私。
ウーロン茶ベースでありながら、ジャスミン茶や桂花をブレンドすることで醸し出される豊かな香りと口当たりのよさが身上。上海の錦江飯店という老舗ホテルで出されているというだけのことはある。つまりペットボトルのウーロン茶が苦手な私にも飲みやすくておいしいのだ。
CMがひどくても、商品力があれば売れることの証!

広告っていったい何なのさ!と、微妙に悩みつつある私にとっては、ますます混沌モードへ落ちてしまいそうな現象だったりする。
やれやれ。


スポンサーサイト



| 未分類 | 17:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |