FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-01- | ARCHIVE-SELECT | 2005-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

暇つぶしの肉じゃが 「それってどうなの?(251)」

早朝に出勤していた相方。
今日はなんにも予定がない。
洗濯と掃除を済ませたら何もすることがなくなった。
普段ならぶらっと散歩に出たり、買い物にでかけたりするんだけど、
今日はなんてったって足が痛い。
昨日よりは少しばかり歩きやすくなった気がして、
玄関一面に引っ張り出してみた靴たちを順に履いてみたけれど、
どれも痛くて歩けない。
問題ないのはビーサンの類だけだ。
真夏だったらよかったのに…。

出かけることができないとなると途端に時間の経つのが遅く思える。
退屈に任せて肉じゃがを作ることに。
私は暇があるとやっぱり料理を作りだす習性があるようだ。
金曜の帰りがけに買っておいた新じゃがを大きめに切って、
昼過ぎからゆっくり作った。
一旦冷えてから夜食べたせいか、薄味なのにじゃがいもやニンジンにしっかりと味がしみていておいしかった。
チャチャっと作ってしまえる料理もいいけれど、おいしい煮物はやっぱり「コトコト」がキーワードだ。

しかし明日はどうしよう。
冬のビーサンもオシャレだけど…。


スポンサーサイト



| 未分類 | 20:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

とうとうボディーにも老化の気配 「今日の体調(35423)」

運動神経は人一倍あると思ってきた。
体操や球技もやればなんでもそこそこできたし、勘所もいいと言われてきた。
子供のころは勉強はできなかったけど、体育だけはいつもみんなの前に出てお手本をやらされるくらい達者だったし、アスリートを目指せばもう少し充実した半生を送れていたかも…、なんてことすら考えたりもする。

でも昨日の夜以来、ちょっとショックに陥っている。
とても運動神経のいい人間のやることとはいえない失態を演じてしまったからだ。

この夜、相方の帰りを待ちながら食後にグラス1杯の赤ワインを嗜み、部屋着に着替えようとしていた私。
テレビに目をやったまま、フリースパンツを履こうとしたとき、裾が右足の親指に絡まった。このことで想定していたよりも右足がパンツをすり抜けるタイミングが遅れ、左足からすでに右足に移動しつつあった体重は、裾に絡まっており曲がったまま床についた右親指にかかってしまったのだ。
グキっという嫌な音も、よくやる小指を柱にぶつけて飛び上がる程度のものと思ったし、確かにひどく痛かったけれどすぐに引いてくれると思っていた。

しかし今朝は親指のツメが布団を押したせいで起きた激痛で目覚めた。
レントゲンを撮った結果、骨こそ異常はなかったもののりっぱな捻挫。まさかね。親指を捻挫するとは思わなかったよ。
家に帰っても、半端に履いていたルームシューズのせいで躓いてまた痛い思いをするわ、力がかかる指だけに歩くのも重労働。

どうなっちまってんだ、私の体。
オツムだけじゃなく、とうとうカラダからも敏捷性が失せているのか。
何を履いても痛い状態。
何履いて会社いくんだーと、これも憂鬱の種。

あかーん。

| 未分類 | 12:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |