FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-01- | ARCHIVE-SELECT | 2005-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ダイエットでウエスト再現! 「★つ・ぶ・や・き★(1280002)」

今年に入って始めた炭水化物ダイエットも早1ヶ月が経過。
体に必要な糖分を炭水化物からではなく、体に溜まりに溜まっている脂肪分から作り出すがために、炭水化物摂取を減らすというのがロジック。そもそもがファジーな私のこと、端からきっちりやろうなんて気はさらさらなくて、何しろご飯やうどんやパスタといった、もっとも好きなモノを我慢するというところに、元々持ち合わせていないストイックさを感じつつ、ある意味それが快感だったりして意外にも続いている。
そうしてこれも意外なんだけど、すっかりお目にかかることもなくなっていた胴のくびれが最近ちょっとできてきた。気のせいかと思って、食事をするとボタンを外さないといられなかったパンツを引っ張りだして履いてみたら、するっとはけたんだから間違いない。
適当にやってても痩せるもんなんだな、炭水化物ダイエット。これはずぼらには持ってこいだったりして。
でもこのダイエット、料理下手には不向きと思う。
お腹を満たすには手っ取り早い丼ものやうどんやパスタがNGってことは、いちいちおかずを作らなければならないってことだからだ。
肉、魚、緑黄色野菜だけを駆使しておかずを作ることがいかに面倒か、想像に余りあるでしょう。炭水化物はイモ類やマメ類にも含まれているから、さらにレパートリーは狭まるわけだし。
今までのカロリーばかりを気にするダイエットから180度頭を切り換えなければならないから、最初は混乱する。
春雨なんかは同じグラム数だとご飯よりも圧倒的に炭水化物を多く含むし、ついついつまみたくなるパンも同様。

ちなみに私の場合、朝はコーヒー、豆乳、カップスープ、みかんかリンゴ、たまにチンする小さいパン。
昼はご飯抜きのおかずだけのお弁当。
夜はケースバイケース。相方と二人分のおかずを作って、ご飯は食べない。パスタなんかにするときは、朝、昼ともに炭水化物をよりセーブすることで大目にみてもらう(誰に?)。ワインなんか飲みつつのんびり食べれば、ご飯がなくてもさして苦にはならない。

でも期間中、カレーやらラーメンなんかに平気で舌鼓を打っている。飴が多くて鞭は最小限のなおニン流だ。それでも成果が出ているわけで、ゆるゆるでもオッケーの炭水化物ダイエットのお薦め度は高い。
ここで更に腹筋運動なんかを取り入れりゃあ、筋肉に薄皮が張ったような垂涎のお腹も夢じゃないかも。ってかダイエットって言ってる割に、腹筋のひとつもやってないのも今更ながらどうかと思うけど。でも腹筋もやってないのに、お腹が凹んだのももっとすごくないか。どっちがどうかは、我ながら何がなんだかもうわからなくなってるので言及は避けるとして。
薄着の季節が恐い!とお嘆きの方々は、騙されたと思ってやってみても損はない(かも)。
ちなみに私はここ1年ほどで恐ろしく太ったお腹周りが減っただけなので、見た目には変化はない。今度逢ったときに「ちっとも変わってないジャン!」なんてことを言っちゃあいけない。
スポンサーサイト



| 未分類 | 12:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |