FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-12- | ARCHIVE-SELECT | 2005-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

歩き疲れてしまうわけ 「★つ・ぶ・や・き★(1280001)」

今日は朝から仕事でコレド日本橋へ。開店直後からお昼過ぎまで、アイテム探しで歩き回った。
お茶もせずに歩き回ったせいで、帰社したときには疲れ切っていてぐったりしながらお昼を食べた。

最近の商業施設には、自由に座っていることができるイスがおかれているところが多い。
コレドにも喫茶スペース以外にところどころイスが置かれていて、属性不明なおじさまが瞑想していたり、おぼつかない手元でケータイーメールを打っているご婦人がいたり。
空いてなかったし時間がなかったのでたったと帰ってきてしまったのだけど。

汐留の電通ビルでもあちこちにイスが配置されている。
特に最上階のエレベーター前のスペースにはコルビジュはじめ世界の有名デザイナーによるイスが置かれていて、いつも誰かしら座っている。

カフェに入る気にもならず、だけどちょっと座って一息つきたいときがある。
そんなとき、ちょっと座って一息入れられる気の利いたイスが置いてあるとちょっと嬉しい。

パブリックスペースの中でまったりとできる場所は案外と少ない。
今でこそ女性トイレにパウダールームができはじめて、個室感覚のスペースでゆっくりと座ることができるようになったけど、そうでなければずらっと並んだ人の前で鏡に向かわなくてはいけない。
他人が見ている前で鏡をのぞき込むのはどうも苦手だから、化粧を直したって落ち着かない。
そそくさと終えてしまうのだ。

外出中にトイレに行くのはなにも排泄目的だけじゃない。
引っかけてしまった爪にヤスリをかけたり、目に入ったゴミを取りに行ったり、買ったばかりのネックレスやピアスを付けてみたかったりすることもある。
ゆったりと使えるトイレがある施設は、それだけでホスピタリティーを感じる。
最悪な例を挙げるとすれば、居酒屋の男女の区別がないトイレかな。すっごく焼き鳥がおいしいんだけど、トイレがねぇ…。でも行ってしまうのが飲んだくれの悲しい性だったりするんだけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 16:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |