FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-12- | ARCHIVE-SELECT | 2005-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

帰省一日目 「今日の出来事(972453)」

午後1時過ぎ、定刻10分遅れで福岡空港着。
出口では笑顔の母。
少し離れたところから現れた父は、私を真似て同じように手を振り、近づいてきて抱擁。
ちょっと会わないうちにずいぶんと欧米化している。

空港近くに最近出来たダイヤモンドシティーなる、複合商業施設へまずは向かう。私の新しもの好きは親譲り。彼らもどこかに何かができたというと、ふたりでマメにでかけている。
ららぽーと風テナント群に、ワーナーマイカルシネマとイオンを合体させた業態。何しろだだっ広い。
飲んだくれからリクエストされているあご出汁のうどんスープを物色して陳列されている分をほぼ買い占める。
明日久しぶりにうちに来てくれる母の弟夫婦との酒宴用に、ワイン2本と黒糖焼酎を購入。ビールはいつものように叔父が持ってきてくれるらしい。
この母の弟、つまり叔父の家庭のアルコール消費量は凄まじい。
いまでこそ叔父が糖尿を患ってかなり減ったけれど、二人の息子も半端ない酒豪ゆえ、毎晩瓶ビール1ケースは裕に空いたという。一升瓶なんかあっという間。三升、五升はざらだという。
私の酒好きは母方の尋常ではない酒飲みの血筋をモロに引き継いでいるわけだ。やめようたってそうそうやめられるもんじゃない。やめるつもりないけど。

夜は久しぶりに外食することに。
関東にも出店しているカフェが経営するレストランだ。
なんでも結婚記念日ディナーの優待券が来ているらしく、パンが絶品とのこと。炭水化物ダイエット中には辛いけど、この4日間は規制解除もやむを得まい…。
そうして着いたレストランは、白壁とレンガ作りの大きな三角屋根の佇まい。伊勢海老のスープから始まったコースはどれも丁寧な仕事を思わせるおいしいラインアップ。10種類以上もの小ぶりな焼き立てパンを何度もテーブルまで持ってきてくれるサービスも気が利いている。それになんつったってパンがおいしい。
ダイエットはもういいや。

明日に備えて今日のお酒はオフ。
東京よりも深々と冷え込んでいる夜がゆっくりと過ぎていく。
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

休むというとなぜかドタバタ 「それってどうなの?(251)」

有休を取る人がウソみたいに少ない我社。
働き者そろいってよりも、取りたくても取れないといったほうが正解だ。
やってもやっても押し寄せてくる次の案件。
自分が休めば誰かにしわ寄せがいく場合が多いから、よほど腹をくくらないと「休んでいいですか?」がいえない会社だ。
一年にたったの8日しか与えられない有休だけど、代休がそれの何倍も取れるのに、やっぱりずいぶんと未消化のまま期を越す人が多いみたい。
最後はみんな魂抜かれたように疲れ切って辞めていくんだから、無理してでも周囲に憎まれても取りゃいいじゃん!なんて、私は思うのだけれど。

で、明日から4日間帰省する。
金曜と月曜をオフするわけだ。
ご多分に漏れず有休前のいやなドタバタが案の定今日はあり、「やろうと思えばやることはいくらでもある」状況のままオフへ突入。プレの結果も明日あたり来るかもしれなくて、つまりはオフとはいえ仕事を忘れ去ることはできそうもないってこと。
意味ないじゃん。

そうして隣のakiさんも今日の午後から忌引き。
はやり明日はお休みする。
まるでふたりしてどこかへ隠密旅行行くみたいじゃん。
タダでさえ口さがない社員が私たち二人が実は付き合ってるんじゃないかと密かにささやきあっているってぇのに、これじゃあ自らネタを提供してるようなもんだ。
めんどくさっ。

まっいいってことよ。
いいたいやつにはいわせておけ。

とりあえず飛行機が落ちませんように。

| 未分類 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |