FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-11- | ARCHIVE-SELECT | 2005-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ダルと清原と韓国ブーム 「それってどうなの?(251)」

忙しさも手伝って、新聞も読まずニュースも見られず、唯一Yahoo!Newsを見る程度の昨今、今ごろになって自身の情報のひどい遅れっぷりに我ながらびっくりすることも。
まったく興味のないプロ野球。
ダルビッシュってだれ?
ん?日本人?
ハーフ?
ずいぶんとデカいな。
聞けばイラン人ハーフ。
なるほどね。
大阪出身で、東北高校のエース…?
ちゃんと説明してもらわないとよくわからない素性だけど、暗い話ばかりが続いたプロ野球界にとっては、キラリと光る希望の星なんだろ。
しかし。
久しぶりにテレビでまじまじみた清原は、どこぞの危ない人たちと見まごう出で立ち。品のない茶色に染めた髪といい、昔に比べて明らかにむっちりと肉がついたアゴ周りといい、ふてぶてしい表情といい、昔から好きじゃなかったけどさらに嫌悪が募る。
野球で生きてる割に、清涼感とか清潔感とかいうニュアンスがまるでない。どうしてプロ野球選手って年季が入ってくると同時にコッテリ感が出てくるんだろう。サッカー選手には見られない傾向だわ。
劇的に違う運動量のせいかな。

話が戻ってなんだけど、好きにしてよって感のある韓国タレント。
次から次へとジョンだのジュンだのぺだのパだのが来日してるけど、そんなにみんないい男か?
優しくて思いやりがあってイイ!とおばさんたちはいうから、ルックスはさして問題じゃないのかもしれないけど、傍観してる方からいわせてもらえば「え~~~?こんなんでいいわけぇ?」と思う。優しくて思いやりがある素振りなんてもんは、人目に晒されてるシーンで演技すれば誰にだってできる。タレントは見た目がよくてナンボじゃないのか。いくら優しくみえたって彼らからその優しさのお裾分けをもらえやしないのに。
いくら周囲が呆れても夢うつつのおさばんがた。
まぁいいんだけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |