FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-11- | ARCHIVE-SELECT | 2005-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

冬至のカニ鍋 「食べ物あれこれ(258071)」

冬至だ。
この時期カボチャを食べたり、柚湯に入ると風邪を引かないという。
だからってわけじゃなく、たまたま今日のお弁当のおかずにはカボチャが入っている。根拠のある言い伝えなのかどうかは知らないけど、ドンピシャな感じでちょっと今日はうれしい。
周囲では先週あたりからぼちぼち風邪を引く人が増え始めているから、まったく暦はタイムリーだ。

ところで、しゃぶしゃぶの木曽路に、なぜかカニしゃぶを食べに行ったのは、狂牛病騒ぎの頃だったか。
カニの足が2、3本ついて2980円なり。
このコースをシュルケンさんとのり平、相方の四人で食べに行ったのだ。
あのときも結構旨かったけど、でも昨夜うちで食べた自家製カニ鍋も行けてたなぁ。
冷凍物とはいえ、合わせ味噌とキムチの漬け込みダレを合わせたスープと相まった、身離れのいいぷりぷりの身を頬張ると、束の間の幸せを感じずにはいられない。
なんて安上がりな女なんだろ、私って。

当然のごとくいただいた最後の雑炊も、カニの甘みがですぎてちょっとくどかったけど、味わい尽くすってこういうことなんだな…と思いつつ、完食。
食べ過ぎは否めないけど、いいってことよ。

オンラインショッピングで生鮮品を買うなんてこと、ちょっと前までは抵抗があったんだけどな。
それでも買った理由は、なんつったって安さでしょ。
1杯1980円のたらばガニがこんなにおいしいなんて、ちょっと驚いた。
送料1050円はばからしいから、もっとまとめて買って家で宴会すればいいんだ。
次なるターゲットはイタリア直輸入の生ハム。これも冷凍だけど、スライス済み。深い色をした赤身がすごい魅力的。
はぁー、食べたい。
いつオーダーしようかなぁ。

生協といい、オンラインショッピングといい、通販といい、自分の目で直に商品を見ずに買うということが増えてしまってきていることに、はたと気づく。
生協は会員の目が鋭いから下手な写真やコピーを載せることはないけど、それなりの見る目がないと下手なものを掴まされてしまうこともあるから安易には買えないのが難しいところだ。
届いてみたら、掲載されてた商品よりもずいぶん安っぽかったり、いうほどおいしくなかったり、意外な落とし穴があったりと、失敗は付きもの。
だから最近は、がっかりしても諦められる程度の物しか買わないようになってきている。
こんな私でも、一応学習はしているってことだ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |