FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-11- | ARCHIVE-SELECT | 2005-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

なんていう? 「それってどうなの?(251)」

女性の生理のことを、英語ではピリオド"period"という。
"I'm in a period."で、「今生理中なのよ」って表現になる。
他に、"It's my time of the month."でも同じ意味になる。
私はこれを英語専門学校でならったけど、こういうのに限って今でも覚えてたりする。
たぶん学校では、特に共学の学校なんかじゃ絶対教えてもらえないだろう。
英会話学校のほうが実用的な英語を教えてくれるというのは、
こういうところでもいえることだ。

でも生理は日本語ではえらくさまざまな言い方がされている。
アレ
最中
お客さん
メンス(おばさま方専用)
アンネ(これも古かろう)

私の看護婦の友達は、「月経!」っていうからね。
逃げも隠れもしません!って感じだ。

かつて初潮を迎えた頃、母はこういった。
「生理だってことはあまり周囲には知られないようにするものよ」と。
なるほど。
慎み深く数日を送らにゃならんってことか…と私は思った。
だから会社に生理休暇があることにはちょっと戸惑ったし、
ましてや「生理だから休みます!」と大手を振ってるような生理休暇は取らず、
ヘヴィーなときは普通に有給をとった。

しかし今はどうだ。
慎み深いどころか、連日連夜各社こぞって生理用品のCMが流れて久しい。
駅前サンプリングも盛ん。
さらふわだの、朝までぐっすりだの、センター吸収だのと、
売り場に行くたびに新製品が出ているほどの日進月歩だ。
私の恥じらいはなんだったんだろうか。
そもそもが恥ずかしくもなんともない、健康な女性の証のようなものなのに、
若かりし日に言われた母の一言で、ずいぶんと奥ゆかしい私だ(普通?)。

最近は不規則な生活で生理不順の子が増えているらしい。
不妊症も軒並みアップ。
生理用品のCMもいいけど、女性の体の基礎知識の啓蒙の方が、
今のこの国にとっては必須な気がするけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |