FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-10- | ARCHIVE-SELECT | 2004-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

船橋駅にラーメン横丁 「★つ・ぶ・や・き★(1279999)」

船橋駅ビルにあるショッピングモール(ってほどでもないけど)シャポーがこのたびリニューアル。
新たにラーメン屋3件、テイクアウトの餃子や、たこ焼き屋ができた。
六角家、ちばき屋、青葉という有名どころがしのぎを削る形になるわけだが、すでに今日の帰りにはどこの店も行列ができていた。
そもそもが船橋にはおいしいラーメン屋さんがなかった。
むつみ屋もそんなにおいしいとは思ってなかったし。FACEビルにできたラーメン屋は、食べ終わってしばらくするとモウレツに喉が渇くという塩分過多の代物。薄口好みの私には辛かった。
新規3店舗は私の口にあうんだろうか。
すでに六角家に行ってきた相方は「スープが濃いね。トロっとしてる…とまではいかないけど、濃い感じ」と、わかったようなわからないような、でも少なくともアッサリした感じじゃなさそう。ちと難しいか。
しかしあの行列…。
船橋界隈には、あんなにラーメンを欲している人たちがいたんだなぁと、妙な感動すら覚えてしまう。
しかしイタリアンができないかなぁとずっと思っているなおニン的には、3軒のラーメン店はさしてうれしくもないんだけど。イタリアンはサイゼリヤかサバティーニという両極端しかない船橋。もっとも、サイゼリアをイタリアンといってしまっていいかどうかは別として、その中間あたりの適度な品を保ったカジュアルイタリアンがやってこないものか…。
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

リトル沖縄

忙中に閑もあったりする。
今日はたまたま夕方目に電話で写真のことを話していたカメラマン満っちと飲むこに。
今週は1日しか休めてないんだから、さっさと帰って寝ればいいものを、やっぱりここにも悲しい性が…。
満っちの案内で向かったのは銀座のトリル沖縄
無垢板に墨でかかれた店名がライトアップされていい感じ。
泡盛の瓶がずらっと並ぶカウンターに陣取って、私はオリオンビールの生、満っちは泡盛のメニューをしげしげと見ていたかと思ったら、「泡盛をカラカラで」って。
カラカラというのは、1合から2合程度の焼酎が入る急須のような酒器。鹿児島にも似たような「黒じょか」と呼ばれるものがある。昨日のそれはシーサーの顔が付いていて置物にもよさげ。しかし満っち、すっかり島人風情。
生ビールを空けた私も40度の久米仙をカラカラで。甘い香りが喉もとを過ぎると、ジ~ンとおなかに沁みわたる。
つまみは薄く切って揚げた青パパイヤがゴマドレッシングと相まって香ばしいサラダ、ジーマミ豆腐、モツ炒め、ラフテー、そうめんチャンプルー、最後にサーターアンダーギーが添えられた紫芋アイスをいただいて超満悦。
10時を過ぎる頃には、ほぼ満席だった客も残りわずかに。泡盛にやられちゃう前に、早めに切り上げるのがコツとみた。

| 未分類 | 14:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |