FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-09- | ARCHIVE-SELECT | 2004-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

渋谷センター街を歩いてみれば… 「それってどうなの?(251)」

今週は休み明け火曜は薄手のジャンバー、水・木はジーンズ素材のトレンチ、そして今日は皮ジャンと、私の通勤着はすっかり秋冬モードにシフトしている。
渋谷で11時半まで人と会っていた昨夜の帰り道は、それでもやや薄ら寒いほどだったのだ。
なのに。
渋谷界隈に生息する女性らの感覚はどう見ても「ちょっと冷夏」な8月あたりの雰囲気なのだ。薄手のパンツにホルターネックの肩見せスタイルや、ミニスカートにナマ足はざら。そんなに冷やしてどうすんねん!と、コートの襟を立てたなおニンは思うのだ。露出が少ない中で肌を見せて人目を惹きたいのはわかるし、現に男どもは申し合わせたように露出の多い子に目を走らせる。この法則通りの男女の動きは、ある意味見ていておもしろかったりする。どうせターゲットから大きく逸脱しているのだ。せっかく久方ぶりにセンター街あたりを歩くのだから、いっそ楽しんでやるしかなかろうて。と思いつつ、スペイン坂を上りパルコパート3へと向かう。エントランスには西武優勝セールのテーマソングが響いている。ちょっと心躍る。んで、ワゴンセールでTシャツ2枚と相方のジャケット、締めて3,500円でゲット。セールだからこそ大物買いをすればいいものを、貧乏性はちまちまっとしたものしか買えない。でも定価で買えば合わせて15,000円を超える買い物だ!と、自分に言い訳したりして。久しぶりの渋谷パルコ。クリスマスイベントで駆けずり回ったのが懐かしい…。

懐かしいと言えば…。
実は昨日は渋谷で打合せがあり、それが終わってからakiさんとお茶したのだ。ビールでも!といったんだけど、気管支炎が治りかけていてまだ薬を服用しているakiさんにはアルコールは無理だったのだ。しかし渋谷駅周辺には意外とゆっくりできるカフェがない。そこで選んだのが「西村フルーツパーラー」だ。私が東京に来た20うん年前からスクランブル交差点の先にある店だ。ここでakiさんはチョコパ…といいたいのを我慢してメロンソーダを、私は白玉クリームあんみつをオーダー。濃いめキャラの客が多いのと、場末のキャバレーにいてもおかしくない雰囲気を持ち合わせたふたりのボーイにはちょっと驚いたけど、渋めに渋谷のお茶を満喫したのだった。akiさん、ごっつあんでした。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |