FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-07- | ARCHIVE-SELECT | 2004-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

戦いすんで… 「☆アテネ五輪☆(4359)」

オリンピックが終わった。
日本人が残っている種目がなくなったせいもあって、昨日は‘美の饗宴’女子体操床のウルトラな難度技にため息し、ド肝を抜かれながら男女バレーの決勝を見た。先日のサッカーアジアカップの余韻で、実はロシアに勝って欲しかった女子バレー決勝戦。日本でもお馴染みのエース、ガモアも復調して立ち上がりは2セット連取したのだが、3セット目から力関係が逆転する。中国人にしか発想でき得ない赤に金の背番号も凄いけど、ロシアの突き刺さるようなスパイクに打ち勝った、ブロックアウトを巧みに誘うスパイクは凄い。風貌を見る限りではいずれも飾りっ気なしのオバチャン風にしか見えないのに、ロシア相手に3セット連取とはなんたる底力…。恐るべし中国!

ところで。
ここへ来てどうしても避けられないのが室伏の繰り上げ金メダルのお話。この最後の金メダルで日本は東京五輪とならぶ16個の金メダルを量産し、総数では至上最多のメダルラッシュとなったわけだが。
減らないのね、ドーピング。ドーピング用の薬を製造している会社が、ドーピングの跡形を消す薬も作っているなんていう話しもあるけど、そもそもドーピングが許されている競技はあるのだろうか。どんな大会においても、薬物使用による‘勝利’なんて、そのものに価値がないだろう。名誉よりも報奨金や待遇アップといったインセンティブのためにやるとしか思えないドーピングが減らないのは、その国における勝利の価値の違いもあるんだろうけど、スポーツマンシップという言葉の元にあっては、あまりに浅ましい。
「金メダルよりももっと大切なものがある」と言った室伏君はまたまた人気が出そうだけど、せっかくの金もどこか後味が悪い。世界中の賞賛を浴びながら表彰台の上で金メダルを胸にできていたら、どんなにか嬉しかっただろう。
日本選手の気質とクオリティーの変化とか、いろんな意味での世界との差とか、今回のオリンピックではかつてない充実感を味あわせてもらった気がする。

秋の夜長は何して過ごそう…。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |