FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-06- | ARCHIVE-SELECT | 2004-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ムーミンの不思議 「それってどうなの?(251)」

最近ところどころでムーミンが復活していない?
初回放送を観た記憶があると思って調べたら、それは1969年のこと。小学生だった私は、どこか哀愁を帯びたムーミン谷の人たちの個性に引き込まれた。意地悪なミー、優しくって大人っぽいスナフキン、愛らしいノンノン…、授業中にノートに書きまくったニョロニョロ…。その後、あのムーミンの声を岸田今日子がやっていると知った衝撃…。こんなおばさんが?どうして?どうやって…?
どこまで興味があったのか、どれほどハマっていたかどうかは、今となっては思い出せないけれど、毎日観ていたことは間違いない。
しかし。
このムーミンがいわゆる‘妖精’だということを、つい最近知ったときには驚いた。カバかなんかのデフォルメだとずっと思ってたからだ。妖精=ティンカーベルとう胆略的な結びつけしかできていない私には、ムーミン=妖精という新事実(私にとってだけだけど)が、妙に新鮮だったのだ。あんな風貌の妖精もいるんだー…(めちゃ精神年齢の低い不惑な女がここにいる)。
そんなムーミン。
つい最近は東京大丸で展覧会をやっていたし、今ファミリーマートでは、ムーミン皿プレゼントのキャンペーン中。なぜ今またムーミンなのか、ちょっと気になるところだ。

ところで。ムーミンといえばあの主題歌。鼻歌レベルなら何度歌ったかカウント不可能。

ねえムーミン
こっち向いて
恥ずかしがらないで
モジモジしないで
おねんねネ?
あらまあどうして
けどでも
分かるけど
男の子でしょう
だからねえ
こっち向いて!

…。未だに不思議だ。「おねんねネ?」の謎。
こっちを向いて欲しいことはわかるが、「おねんねネ?」は、どう解釈したものか。こっちを向いてと呼びかけているのにモジモジするばかりで、そのうち居眠り始めちゃったってことだとしか解釈できない。「男の子でしょう」といっているということは、この人は「モジモジ」が気に入らないわけで、居眠りは問題視してない。なおニン的には居眠りの方が気になるんだよね。「おねんねネ?」ってよりも「おねんねかよっ!」(三村風)だよ。私だったら「ねぇねぇっ」と肩をつかんで無理矢理振り向かせそうだ。妖精ワールドにはとけ込めそうもない。でもムーミンは嫌いじゃない。嫌われそうだけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |