FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-06- | ARCHIVE-SELECT | 2004-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

Hanako世代の生き方 「★つ・ぶ・や・き★(1279994)」

結婚しない女が増えていると言われて久しい。
「Hanako世代の10年」という特集に惹かれて買ったヨミウリウイークリーにも、その傾向を如実に表したデータが載っていた。まだ見出し程度しか読んでないけど、いわんとすることはなんとなく想像はつく。周囲にも、こんなHanakoは大勢いた…。
志を持って社会にでた女性が、やっと一人前になるのはかつて適齢期と呼ばれていたころ。結婚、ましてや出産なんかで休職しようものなら、せっかく培ってきたキャリアとポジションを失いかねない。しかも収入は著しくダウンする。だからまだまだいいや!と先延ばしにする。仕事がますますおもしろくなる。スキルアップを目指して学校へ通ったり、転職もしてみたりする。お金もそこそこ貯まってくる。海外旅行も定期的に。飲み食べ歩きにエステ、習い事やジム通いでストレスもちゃんと発散。そうこうするうちに周りの男たちはどんどん妻帯者となり、そうでない連中は中年化してターゲットから外れ始める。合コン適齢期からも外れて、もはや自然発生的な巡り会いのチャンスは激減。かつての女友達はみな、寄るとさわると子供の未来と旦那の愚痴話しばかり。かみ合わない。そうしてありきたりな女の幸せ感を耳打ちしてくれる連中とは疎遠になり、鉄壁の独身仕様となっていくのだ。今更男なんざいらないしっ。1人の空間と1人の時間。好きに使える自分の稼ぎ。今の私にこれほど愛おしいものはない…。妻子持ちの気の合う‘男友達’と、割り切ったセックスをしていれば、枯れた女にもならずに済むし。独身万歳!…。
CAの夢破れた後、かなりいい加減な方向決めの元に就職し、30までにはなんとしてでもバージンロードを…との意固地さが、誤った結婚をすることになったし、未だまともにボーナスをもらったためしがないことで金も貯まってないしと、私はHanako世代の典型からはかなり逸脱している。旦那になる人への依存心も強い方だ。あんたがどうにかしてよっ!男だろっ!が基本。だから失敗する。どうにかしてくれそうな人との出会いもなかった。自分でどうにかしないと何も進まない人生と悟ったのは、そんなに昔のことじゃない。まぁいい。私は基本的に‘族’に属せないタイプなのだから。

つまり。
40過ぎの独身だって、ちっとも恥ずかしくない時代になったということだ。それは真摯に生きた若かりし時代の結果ともいえる。恋愛という道があるならば、ちょっと裏道を突っ走ってしまってただけだ。がんばってたんだ…。
でも一抹の不安もある。
そんな雰囲気を醸し出している人間が、飲んだくれメンバーの中にいないような気がすることだ。男子はもちろんのこと、女子までも。
いいか。だからって何がどうなるわけじゃないし。
元気ハツラツゥ~?な未来を目指そう。
スポンサーサイト



| 未分類 | 12:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |