FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-06- | ARCHIVE-SELECT | 2004-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ゴワゴワのちチュルチュル 「美容、健康、コスメのこと(64048)」

お待ちかね(待ってないか)、昨日のフットケア体験リポートをば。
向かったのはフット専門店ロワというドイツ発のリフレクソロジーをフィーチャーしたフットケアのお店。銀座一丁目駅のすぐそば、1階にトプカピのブティックがあるビルに入っている。銀座4丁目から2ヶ月前に移転してきたという店内は、白で統一されていて清潔感たっぷり。すべて個室になっているから、存分にリラックスできる。
いっしょに行った香嬢はリフレクソロジーを、私は足裏の角質ケアを…、というまさに生きてきた時間の長さが如実に現れるチョイスをしたのだ。ちなみに彼女は開始5分もしないうちに眠りに落ち、肝心の施術の様子はほぼ覚えていないらしい。まぁ気持ちよければいいんだけど。
で、私の方はというと、まずはレモンやアロマオイル、薔薇の花びらなどが入ったフットバス(「ふっとばす」を変換すると「吹っ飛ばす」になるんですけど、うちのMacは)に10分ほど浸かってベッドに移動。皮膚を柔らかくするローションを足裏に塗り、サランラップを巻いてしばし放置。この間、首の後ろにホットピローをあててもらい、ほわほわ気分になりながらすでにウトウト。はじめさせていただきますというおねえさんの声で我に返ると、さっそく施術開始。ヤスリのようなものでごしごしと削られていく我が足の裏…。気持ちいい…。ウトウト…。
約1時間ののち、施術終了。気になっていた角質部分はチュルチュルの肌へと変わっていた。そしておねえさんの顔は汗びっしょり…。いやー、申し訳ないわね。さして広くもない個室は、冷房もきつくない。キャンドルの照明がほんのり灯る程度の明るさを保っているため、彼女の手元だけは明るいライトで照らされているのだ。暑かろう。
終了後、足の構造のお話しや爪の切り方などのレクチャーを、ハーブティーをいただきながらうかがって会計。
人肌はやっぱり癒し効果があるんだろうか。へたくそな相方の肩もみだって、最近は気持ちいいと思えるようになってきたし。ぼちぼちこういうことにも、お金をかけなきゃならん年頃だし、いい店探しはやっておかねばな。
スポンサーサイト



| 未分類 | 10:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |