FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-06- | ARCHIVE-SELECT | 2004-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

血縁のなせる技 「今日のランチ(75269)」

今日は弟とランチ。
9月に予定している帰省スケジュールを詰めるために、新橋で落ち合った。
どこに入ろうかと歩いていたら、おいしそうな定食の看板が。年期の入った重い木製の引き戸を開けると、開放的なカウンター席と小あがりの店内が半分ほどうまっていた。メニューはひとつのみ。木製のこれまた古めかしい変わり盆に、型押しした豆ごはん、白身魚の揚げあんかけ、済んだ薄口のお出汁がしっかりと沁みた野菜の煮物、トマトのサラダ、香の物が盛られ、他にマグロのお刺身、おみそ汁が付く。実に上品な、しかし気取らない定食が900円。ひとつひとつ丁寧に作られていておいしい。
あれこれと近況を話しつつ箸を進め、ぼちぼち終わるころにふと弟と私のお膳を見てびっくり。ご飯、煮物に添えられていたゆで卵、香の物、みそ汁がまったく同じくらいの分量で残っていて、他のものはきれいに片づいていた。ペースも食べ進む好みもまったく同じ。血がつながってるってこういうことなんだろうか。ふたりしておかしいやら関心するやら、しばし箸をとめて唖然とした。

その後汐留まで足を伸ばしオープンスペースでお茶をしながら、実家の父に電話。スケジュールの決定を報告。ふたりしてランチをしていると伝えると、幾分うれしそうな感じ。ついでにツーショットをメールしておいた。汐留の高層ビルの谷間で、姉弟ふたりしてiショット撮ってるのもどうかとは思ったけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 14:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |