FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-06- | ARCHIVE-SELECT | 2004-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

根っからお酒が好きらしい 「たのしいお酒飲んでますか。(89949)」

夕立。
昨日も夕方にひとしきり雨がふったっけ。
今日もさっきまでの日差しが嘘のように、いっきに日が翳ったかとおもったらパタパタと大粒の雨が落ち出した。すんでのところで洗濯ものは取り込めたけど、油断もすきもあったものじゃない。
梅雨はどこにいったのか。
夏となんら変らない暑さ、そして夕立。

昨日浅草でみたほおずき市は、青々としたほおずきの葉と、仮設の店先にあしらわれたヨシズの味わいが実に涼しげで、チリチリとなる風鈴の音を聞きながらのそぞろ歩きに心が和んだ。浅草にきたら食べずにいられない「揚げまんじゅう」を頬張りながら、出店を眺めてそぞろ歩き…。伝統的な催しにたまには足を運んでみることも、いいリフレッシュになる。

ほおずき市を冷やかした後、吾妻橋を渡って30分ほど歩いたところにある「わくい亭」へ。飲食街から遠く離れているため、知る人ぞ知る店だけど、食通には知られている店だ。
開店の5時半まで20分ほど店先で雨をしのぎならが待ったけれど、しめ鯖や岩牡蠣、牛レバー刺、砂肝炒め、タコのニンニク炒め、ゴーヤと豆腐いため、名物巨大メンチかつ、いかにも自家製なあたりめなどなど、列挙しきれないほどのメニュ-はひとつひとつの鮮度がよくて、こだわりが感じられる絶品揃い。雨の中地図を見ながら足を延ばした甲斐があるってもの。30分もすれば狭い店内は満席で、その人気も頷ける。生ビールの後、みんなで焼酎「海」を2本空け、お好みで一杯ずつ飲んで解散。5連チャン最終日はおいしいものづくしで幕となった。

5日連続で、そこそこの量のお酒を飲んでしまったけれど、今日は日も暮れないうちからやっぱりビールをあおっている。暑さのせいにしたくはない。喉の乾きはトマトジュールでも豆乳でも、微炭酸サプリでもOKなんだし。
やっぱりお酒が好きなんだなっと、今さらながら思う。
一昨日の接待で、気の強さで有名なフリーのデザイナーの女の子が、家では焼酎を飲むという私の話しを受けて、自分はビール500缶を5本は空けると豪語してたけど、どうやら私のいう焼酎を甲類のそれと思ったらしい。焼酎は割るのが面倒じゃないですかぁーなどというので、
「割ったりなんかしないよ。芋をオンザロックでやるんだから」と私。デザイナー女史、あんぐり…みたいな。甘く見てもらっちゃあ困るって。
スポンサーサイト



| 未分類 | 15:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

接待のこなし方 「たのしいお酒飲んでますか。(89949)」

昨日は飲酒4日目。今の会社に入社すると同時に…、いや正式入社2日前から打ち合わせに引っ張り込まれた仕事の打ち上げに参加。今週唯一の仕事がらみの宴。
しかしだからって成増開催ってどうなの。クライアントの地元だからって、せめて池袋あたりにしてくれればいいものを。
しかも指定の時間に現地に到着したのに、クライアント側11名中最初の出席者が店に来たのは予定の30分後。それまで我々下請けは、ビールも飲めずに待ちぼうけ。これだから接待っていやよね。飲むときゃ無礼講がお約束でしょ。
そんなことだから、あっと言う間に10時を過ぎ、11時半の飯田橋最終までカラオケにちょっと顔を出してあたふたと帰ってきた。
疲れ切った。

しかしこういう接待でいつも思うけど、常に仕事モードでしか応対しないから、お互い個性の半分も知らないわけで、ところがお酒が入ってざっくばらんな雰囲気になってくると、これまで知らなっかった相手の本質が見えてくる。同時にこちらのキャラもさらけ出してしまってるわけだ。私は普段から比較的一定したトーンで仕事をしているつもりなんだけど、それでも一緒に飲んだ時の印象派かなり違うらしく、今回もずいぶんとおもしろい人ですねっといった反応をもらった。
そうかな。
まぁ軽いシモネタに合いの手のひとつもいれておけば、それだけでツカミはOKってことはある。普段あまり愛想がないなおニンだけに、この落差が客から受けるのは当たり前。これで次回の仕事がやりやすくなるなら、お安い御用ってところだ。

さて明日は5連チャン最終日の浅草ぶらり篇。
お天気は大丈夫か。

| 未分類 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |