FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-05- | ARCHIVE-SELECT | 2004-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

サルサって素敵

総武線各駅停車で中野へ。かつては毎朝毎夜車窓から見た眺めも、すっかり懐かしい。
でも荻窪で暮らしていた頃にも訪れたことの無かった中野サンプラザ。今日はここでユキオウとヨーコが挙式した。先月に続いて今回も姉さん女房カップル。もうなんの違和感も不思議もなく、市民権を得た感がある。年下の男に見初められる女と、年上の女を包容するパワーのある男。女性のほうが年上のカップルは、不思議とそれぞれがより魅力的であるかのような印象を与えるような気がする。これまで3回ほどあったことのあるユキオウはいつもおとなしく、何をするにもヨーコにの意向を気にするような素振りがあって、甘えん坊な男の子って感じがあったけれど、今日は一部始終彼がエスコートしていて、二人の共通の趣味であるサルサを踊る様は鳥肌が立つほど色っぽく、ヨーコが惚れた理由がわかったような気がした。やっぱり年下の男っていいよな(ひとりで納得)。実は相方もわずかに私より年下だけどさ。包容力はかなりないけど、彼には彼なりのよさがあるから、それはそれでOKなんだが。
ところでサルサの話しに戻るけど、パーティーにははやりふたりのサルサ仲間が何人もていて、宴もたけなわになるころには10数名がペアを組んで踊り始めた。ラテンなノリのサルサは見ているだけでも楽しかったけど、さっきまでおとなしそうに佇んでいた女性が、まるで別人のようにイキイキと踊り出すのは、ある種マジックみたい。次々とパートーナーを替えながら、初めての相手とも息を合わせてステップが踏めるこのダンスはかなり素敵だ。踊れない自分がちょっと寂しかった。かといって、定期的にきっちりレッスンする暇なんてないしね。…。こうやって、いったいいくつの興味をほったらかしにしてきてんだろ、あたし。
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |