FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-05- | ARCHIVE-SELECT | 2004-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

芸能ネタ3連発 「それってどうなの?(251)」

保坂尚輝と高岡早紀離婚。ほんの何日か前、高岡早紀と布袋の火遊びシーンが激写され、あんなによさ気なだんながいるのにと思ったばかりだったせいか、TVの報道に‘えっ?’って感じは否めなかった。結婚当初からその仲の良さは際だっていて、ふたりでクラシックカーレースに出たりしていたし、保坂はベストファーザーに選ばれたりしていて(もっともこれはイメージ先行だけど)、危うげな雰囲気は伝わってこなかったのに。しかし離婚届をCMの契約切れを待って出すってところもいかにも芸能人ならでは。タレントや役者は、ボディーサイズが変わっただけでも契約違反になるっていうけど、プライベートなんてあってないようなものなのだな。ある意味気の毒な話だ。でもこのふたり、未だ同居しているみたいだし、不和だのなんだのってことではないなんてありがちなコメントがでているけど、正味な話、うまくやっていけているのに別れるってことは普通はないでしょ。いくら役者同士だっていっても、子供もいるわけだし、別れに至るまでは並々ならぬ想いがあったはず。世間体だって一般の人間の比じゃない。そんなプロセスをやれ「前向き」だの、「お互いの人生尊重」だのそんな言葉で取り繕ってもらっちゃあ、せっかく贔屓目に見ていた保坂くん評価も暴落ってもの。記者会見が気になるところだ。

しかしなんだな。芸能人は芸能人とつきあうのが、やはり楽なんだろうか。高岡早紀と布袋さんにしても、いくら高岡の覚悟の上のラブアフェアだとしてもだ。わざわざ芸能人妻帯者を相手にするこたぁなかろうに。女房はあのストイッククイーン今井美樹だよ。若い頃から役にはまりすぎて心身症気味になってた人だ。今回の件は、えらく太っ腹なところを見せてうまく納めているような報道だが、その実どんなもんか。山下久美子の呪縛からようやく逃れた布袋からすれば、どんな女性も新鮮かつ魅力的に思えただろし、今井の感情の浮き沈みの激しさが逆に愛おしく思えても不思議はない。仕事でもタッグを組んでいるからうまくいっているんだろうが、案外Xデーは近かったりして。
そういえば郷ひろみが久々に夫婦ツーショットで取材を受けていた。かみさんは決して美人顔じゃないけれどスタイルだけは相変わらず抜群で、ふたり並べば実にステキなゴージャス夫婦。でも長いお休み中の郷。顔が一回りしぼんでやけに老けてみえた。ヘアスタイルもやりっぱなしの感がある。いい意味での休養は、あまり長くちゃいけない。油断すると休養のつもりが、単なる落ち目へとシフトしちゃうからね。
しかしねぇ。これからの郷ひろみ。いったいどう稼ぐのか。ミュージカル?演技にバリエーションないし、プロデュース?人を育てそうもないし、声優?クセありすぎだし、俳優?オレ流が強過ぎて周りがついていけないよね。だめじゃん。そう思うと、昔はあれでも結構イケてたんだね。まっ、いいか。
昔はイケてたで思い出したけど、GS時代に熱を上げたショーケンこと萩原健一。「前略おふくろさん」は私が初めて心底見入ったドラマだったかも。そんなかつての憧れの君を、数週間前赤坂で見かけた。見かけたってよりも、すれ違った。でもまさに中年らしい脂肪をまとい、振り返って見れば妙に大きなお尻…。黒糖蒸しパンのように浅黒く荒れ気味な肌。あーぁ。加齢は恐い。
加齢は華麗!
スポンサーサイト



| 未分類 | 15:21 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |