FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-05- | ARCHIVE-SELECT | 2004-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

絶好のストレス発散法 「★つ・ぶ・や・き★(1279994)」

最近よく書き込みをしてくれているたかちゃさん。実はうちの会社の編集担当者で、取材ライターの経験もある人だ。私よりも2週間ほど遅れて入社してきた彼は、一見ごくごく普通の打ち出し。30前半とは思えない落ち着きのせいか、初対面はえらく控えめな人という印象だった。
そのたかちゃん。
うちの会社の怒濤の忙殺地獄に当然ながら巻き込まれていて、いつも気が付くと遅くまでモニターに向かっている。でも何を頼まれても嫌な顔ひとつせず、「かしこまりました」といって快諾してくれる。いい人だ。とても。
でも最近、たかちゃんはグループ長からこっぴどく叱られた。
書いたコピーにNGを喰らったのだ。そしてこの翌日、コピーに関しては親分的存在であるところのakiさんの席にやってきて、
「ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします」と頭を下げていたのだ。
面倒見のいいakiさんのこと、おうっ!っとばかりに、物書き道のなんたるかを語っていたけれど、隣で一部始終を聞いていた私は言ったのだ。
「楽天でホームページ開設して毎日日記書いたらいいじゃん。でさ。akiさんに毎日添削してもらえば?」
「えぇ!?ホームページ、ですか…。あのー、毎日akiさんにメールでお手紙を出すってことじゃだめでしょうか」とたかちゃん。
「だめだよぉ~!みんなに恥を晒して突っ込まれてボロクソに突っ込まれないとうまくならないって!」とakiさんはいう。
確かにその通りだ。私だって前より少しは書けるようになったし。しかも細かいことをやいのやいのと突っ込んでくる人もいる。絶対力が付くはずだ。
そこからページを立ち上げるまでのたかちゃんの行動力といったら。さっさとやれることもあるんだ!?って感じ。
そしてこの日から、akiさんと私はちょっぴり楽しくなった。たかちゃんの日記にコメントするのが快感になってきたからだ。何もためらうことなく、たかちゃんの一言一句をばっさばっさと斬るのはクレーマーなおニン的には想像以上に爽快で、それにありきたりな言い回しで返してくるたかちゃんをまた突っ込みたくなったり。
今ではすっかりakiさんと私のサンドバックと化しているたかちゃん。それでも彼は楽しそう。ひょっとしてやんごとない出だったりして…、なんてことを想像できなくもない穏やかさなのだ。でも悲しいかな人がいいところが災いして、表面化するのはおとぼけキャラばかり。よく鼻血を出すなんてことを酒の席でいっちゃったせいで、‘はなじぃ’なんてニックネームもついている(ってか、私が付けたんだっけか)。
しかし彼は資格マニアでもあるらしく、学芸員の他、名称は知らないけど国内ツアーを組む資格をもっていたりするのだ。だからそこそこ有名な国内観光地のことはほとんど即答してくれるし、ちゃちゃっと調べてくれたりする。
がんばれ、たかちゃん。才能の使い方によって君はもっとステキに変われる。えなりかずきっぽいなんて、もういわないからさ。

そんなわけでたかちゃんの日記はこちらから。きっと突っ込みたくなる日記をぜひご一読あれ。そしてぜひ書き込みを。
ってか私の掲示板の閑散ぶりってどうなの。ぼちぼち飽きられたってことかしらん。
すっかりご無沙汰の平ちゃん、生きてんのかなぁ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 12:46 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |