FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-05- | ARCHIVE-SELECT | 2004-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

次は鈴鹿で 「F1 2004(516)」

佐藤琢磨がやっとやってくれた。米国GPでシューマッハ、バリチェロに続く堂々の3位入賞を決めた。鈴木亜久里以来14年ぶり。佐藤の前に日本を背負って立っていた片山右京は、マシンに恵まれなかったこともあってちょっとかわいそうな感じだった。モチベーションが上がらないのも仕方なかったかも。今はロッククライミングで活躍しているらしいけど、フィジカル的にもメンタル的にはかり知れないF-1時代のプレッシャーから開放されて、伸び伸びやれているんだろう。
しかし最近はいろんなスポーツで世界に通用する日本人選手が続出しているのに、天文学的な費用がかかるF-1で、これだけいいドライバーが育たないってことが前から不思議で
、ただ佐藤はデビュー当初からいいニュアンスを見せていて、おとなしそうな打ち出しとは裏腹のアグレッシブな走りがいい感じだった。ヒデほどのストイックさはないものの、穏やかで頭のよさそうなキャラクターも、彼を優秀に見せているひとつの要因かも。今後は日本中の期待がかかってくるのはこの国の国民性からして必至なわけで、ぜひとも潰されないようにステップアップして欲しい。月並みだけど、鈴鹿でのシャンパンシャワーがぜひとも見たいといわずにはいられない。
スポンサーサイト



| 未分類 | 08:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |