FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-05- | ARCHIVE-SELECT | 2004-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

餃子への冒涜 「それってどうなの?(251)」

狂牛病騒ぎ、鶏インフルエンザ、雪印牛乳事件などなど、現代食事情に不安を感じざるを得ない事件が多すぎる昨今。防ぎようのないものから、人為的なものまで、枚挙に暇がない。でも今回のゴミ餃子にはさすがにびっくり。もう安心して加工品を買えない世の中になってしまいそうだ。
餃子はちょっとしたコツを覚えると、冷食なんかより遙かに美味しく作ることができる。だけど問題は手間だ。まずは野菜を細かく切るところから始まって、キャベツや白菜を塩でもんでおいた後、しっかりと水気を切って、ネギやニラやショウガや挽肉を加えて粘りけが出るまで練って…って。やっとおいしいタネができたら、こんどは包み作業。これが案外時間がかかる。50個、100個つくるとなると大仕事。作業したあたりはえらく散らかるし。
その分、うまく焼き上がったときの充実度はかなりのものだけど、それでもやっぱり気合いを入れないと作る気になれないのが餃子でしょ。
であるからして、その餃子に生ゴミなんかを入れて作っちゃう奴らは心底頭に来る。ますます自分しか信じられないってことなんだろうか。

日本人のお茶好きを目の当たりにした、昨今のペットボトルもんお茶ブーム。バリエーションはそろそろ飽和状態かと思われたけど、とうとうフォションまでもがアイスティーを発売。コンビニの棚に並んだおなじみのゴールドのラベルが異彩を放っている。今でこそかなり安く買えるようになったけど、フォションといえばトワイニングや日東あたりとは一線を画す高級感があって、赤と黒のストライプで有名なエディアールよりもずっと昔から‘フランスからやってきた高級紅茶ブランド’として定着していたのに。コンビニで買えるようになっちゃったのね。高級ブランドがレベルを下げているのか、コンビニがMDブランドの高級化を目指しているのか…。高級輸入ブランド商品を、分別もわからん子供が持つ時代だし、世の中の流れってやつなんだろうか。なんでもかんでも一律に庶民化する必要もないと思うんだけどな。憧れて、がんばって、やっと手に入れた感動なんちゅうもんは、存在しなくなる気がする。
金儲けの挙げ句に事件が起き、もの売りたさの挙げ句にブームが起きるけど、その変わりに壊れたりなくなったりするものがあるよなぁ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |