FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-05- | ARCHIVE-SELECT | 2004-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

結婚相談所ってとこ 「今日の出来事(972444)」

今日は仕事でとある結婚紹介所へ。ここの入会パンフレット制作のお仕事をいただいて、初めて打ち合わせにいったのだ。
事務所兼サロンのある赤坂の高級マンション。エントランスのデスクにでんと構えたコンセルジュ風情の女性に行き先を尋ねられる。ここではすべての訪問者がこの女性にチェックされるようだ。行き先を告げると相手先に電話をかけ、しばしエントランスで待たされた。静に流れるクラシックのBGMを聞いていると思わず眠気が…。緊張感がなさ過ぎる。
しばらくして上に上がるお許しがでたようで、10階のお部屋へ向かうと、私よりもやや若いご夫婦が出迎えてくれた。この二人で経営しているこちらの結婚相談所、会員数8万員というからすごい。生保の仕事をしていたご主人が、当時の7000人に及ぶ顧客のネットワークをもとに口コミで広めたという。よほど如才ない人たちかと思ったら、これが意外と口数も少なく、決して人あしらいがうまいわけでもない。もうじき臨月を迎えるという奥様も華奢で控えめ。こんな人たちがねぇ…。結婚のアドバイスなんかシャカシャカやっちゃうんだろうか。どういう人が成功するんだか、わからないや。
窓から見える六本木ヒルズの高層ビル群をみながら、なぜ私はこんなハイクラスな暮らしができていないんだろうなんて、すっとんきょうなことを思ったりした。金持ちと結婚していれば簡単なことなんだけど。でもいい暮らしをすることだけが幸せだとも思ってない。んー。でも羨ましい。

ところで結婚相談所事情って最近はどうなんだろう。
30代のはじめごろ、雑誌に綴じこまれていた結婚紹介所の正確判断葉書を投函してしまい、かなりしつこく相手を紹介すると連絡がきたことがあったけれど、最近はもっとシンプルになったんだろうか。家庭環境、性格、資産、仕事、価値観など、いろいろな条件を絞り込んで紹介される相手と結婚すれば、生涯仲むつまじく寄り添える確立は上がるんだろうか。そのためなら40万、50万のお金なんて安いものなんだろうか。自分の選択に自信がもてないから誰かに太鼓判を押してもらった人と結婚したいってこと…?わからないでもないけど、ちょっと興味はあるけど、でも普通の恋愛よりもすごく不安が大きくて、そこに望むまでに恐ろしく時間がかかりそうだ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |