FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-05- | ARCHIVE-SELECT | 2004-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

いかにもな新橋のやきとん屋 「今日行ったお店について(32347)」

昨日はビッケが打ち合わせで来社。ちょろっと打ち合わせをした後、まだ明るさの残る新橋界隈へと繰り出した。
まだ7時前。店も未定。焼き鳥や?炉端焼き?魚がうまい店?…。そぞろ歩きしながら店を物色するうち、とある一軒にビッケが興味を示した。
「やきとん 新橋まこちゃん」…。
開け放たれた入り口からは豚肉をやく煙がもうもうと上がっている。店内は100%背広のオヤジ。かろうじて空いていた店先のコーナーに腰掛けて、生ビールを煽る。プハー。
我々が座ったのテーブルはビールケースに板を渡したもの。店先のテーブルはどれもそんな仕立てだ。しかしハラミの辛味炒めやら、レバー焼き、軟骨入りつくね…。鶏肉とは違う絶妙な風味がそれはそれはおいしい。こってりととろみのあるタレがからんで、ふたりして「うま~」の連呼。隣のテーブルのおっさんに、「おいしい?おいしいだろ~」なんて声かけられたりして。
ようやくakiさんが合流した頃、店の都合で「別館」に移動してくれないかと言われた。聞くと30メートルほど先に姉妹店があるという。飲みかけの黒ホッピーを手に3人して移動した。
「やきとん 新橋まこちゃん 別館」
なぜか笑える。
席に落ち着きオーダーを終えた頃、カメラマン満っちと、すっかりヨソで出来上がってきたまさぴょんとも合流。なぜかタバコ論議で5人とも熱くなり、ひとりだけタバコを吸うakiさんはちょっとかわいそうだった。そういえば5人が5人とも討論好きだしね。そんなこんなでよかいちを2本もあけてしまった。akiさんの記憶によると3本じゃなかったか?って話しだけど、どっちにしても5人で8800円。オヤジ連中が多いわけだ。ビッケ大満足の新橋やきとんの宴。さすがに開店の4時にはいけないけれど、次もぜひ店先のオープンエアーな席を押さえたいもんだ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |