FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-02- | ARCHIVE-SELECT | 2004-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

お持ち帰りしたオムライス 「★つ・ぶ・や・き★(1279985)」

昨夜は仕事が終電前に終わるという相方と帰るつもりが、恐ろしいほど早く過ぎる深夜タイムのマジックにはまり、気が付けばとっくに25時過ぎ。新橋の「博多天神」で真夜中の豚骨ラーメンをすすってから二連荘のタクシー帰宅とあいなった。いやはや。たまらなく睡眠不足だ。昼下がりの眠さといったら会社にいることが信じられないほどの強烈さ。隣のakiさんもいー感じで船漕いでるし。まぁあの人は八丁堀にいるころからよく寝てたけど(爆死!)。

今日は眠さのあまりお弁当は作れず、だからakiさん曰く大好きな「ナポリタン」のうまい店っていう、ありがちな喫茶店にランチしにいった。akiさんのナポリタンも凄かったけど、私が頼んだオムライスもド迫力のボリューム。お皿が隠れそうだし。大食いの私でさえ6割がた食べるのがやっとで、残りは無理してお持ち帰り用にホイルで包んでもらった。
そして20時ごろ、空腹を覚えておもむろにホイルの包みを開ける私をジッと見ていたakiさんは、
「そうまでして…って気もするけど…」という。
なんでよ。
せっかくテイクアウトしたのに。食べていいじゃん。
「切ない」とかいわないでよ。
そりゃあたしかにお皿にも乗ってないし、ただホイルで包んだだけだけどさ。冷えたオムライスもオツなもんさ…。
そう思いつつ、ほんのちょっと確かに切ない感じの私が客観的に見えた気がしなくもなかった。
ってか、多分akiさんは「切ない」よりも「みすぼらしい」って言いたかったんじゃないかと、帰りの総武快速のつり革にぶら下がりつつ思ったりした。
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

命を賭ける仕事って…

深夜にオフィスを走り回って作業したにもかかわらず、昨夜は結局終電を逃した。今日の朝イチからいっしょに打ち合わせに行くはずの我が社の女帝N女史からは、昨夜吐血したため今朝は緊急の検査を受ける旨の連絡が入る。もうこれには本人はもちろん社員も慣れっこで、さして騒ぐことでもなくなっている。下手をすると全摘しなければならないほどの胃潰瘍を抱えつつ、徹夜と深夜残業を繰り返すN女史。スキルは及ぶはずもないけれど、その捨て身の仕事っぷりは私からすれば最悪のお手本だ。命賭けてどうする。幹部連中を含むわが社のすべての男と比べても、気風のよさは天下一品。ラスベガスに行けばカジノでボロ儲けしちゃうあたり、根っからの勝負師だったりするのかも。頼もしい。彼女のいない我が社はすでに誰もが考えられない状況になっている。でも体はもう日々悲鳴を上げている。
昨日は社長に彼女の体調不良を伝え、ついで私のキャパとスキルオーバーの実態を話し、体制の調整を直談判したけれど、帰ってきた対応はまるで目先のことしか考えていないお寒いお返事。んー。わかってねーな。
もー、いちいちが最悪モード。もちろん仕事は覚えるけど。
N女史と我が社の未来が、今一番心配だ。

| 未分類 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新橋に集うパチンコファンのなにゆえ 「★つ・ぶ・や・き★(1279985)」

毎朝通る新橋駅前には、ふたつの大きなパチンコ屋がある。時々10時前に長蛇の列が出来ていることがあって、ふと考えることがある。
「何やってる人たちなんだろ」って。
昔荻窪に住んでいた頃も、駅前のパチンコ屋に並ぶ人たちをバスの車窓からみて似たようなことを思ったものだけど、でも住宅街ならまだわかる。大学生やらプー太郎、定年過ぎたおっちゃん、パチプロなおばちゃんなど、地元のパチンコ族がやってくるんだろう。でも朝もはよから新橋くんだりにまで集ってくる人たちはどういう人?新橋に勤め先がある人ってことはまずなかろう。朝からサボりかい!?
じゃあ新橋在住の方々か…?そんなに多くはないだろう。
やっぱりわからない。いったいどこから沸いてくる人たちなんだ。
毎日がブルーマンデー気分の私からしてみりゃ、言いたかないがちょっと呆れる。私はパチンコはやらないので決してうらやましくはないし。
んー。ここにもひとつ、新橋の謎が。

| 未分類 | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |