FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2004-01- | ARCHIVE-SELECT | 2004-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

古き良き言葉遣いの私…ってか

今日はあまりに一心不乱にキーボードに向かっていたせいで、まったく使わない左の親指に力が入りすぎ、痛くなっちゃった。使ってないのに痛くなる…、なんだかな。
そういえば去年は腱鞘炎に悩まされたんだったっけ。キーボードに向かっている時間は今のほうが多い気がするけど、幸い今年は発症しない。akiさんがいたりして気が紛れているからか。すべからく体に起きる支障はストレスに起因するってことだ。
そういえば、今日akiさんにいわれたことがある。
「灼熱」という言葉を会話の中に使ったら、江戸時代の人みたいな言葉遣いが多いってさ。なんでやねん。確かに口語としては使われにくい言葉ではあるけど、だからって死語扱いするのはどうだ。ジリジリと照りつける夏の日差しを、これほど言い得ている言葉はないじゃないの。
言葉で思い出したけど、最近は高級旅行がらみのコピーや企画書ばかり書いているのだけれど、高級をイメージする言葉のバリエーションの乏しさに日々悶絶している。「最高」とか「すばらしく」とか「本物の」などというありきたりの言葉以外で、そうと知らしめる言葉…。
極上、至福、上質、究極、選りすぐり…、すぐに思いつくのはこの程度だ。でもこういった高級感を醸し出す言葉を使わずに、それがいかにも上質のものであることをイメージさせるのがテクニシャンだ。言葉って難しい。ふあー。

今日は旧友との食事の約束を反古にせざるを得ず、その後久しぶりに誘ってくれたまさぴょんさんのお誘いにも都合がつかず、久しぶりにakiさんと同じタイミングで終わったからと軽く飲もうかと思いきや、もう10時を過ぎていて、結局は食事もせずに帰ってきてしまった。で、だからってわけじゃないけど帰りにファミマに寄ってまた安いワインを買ってしまった。まずいと知りつつ、しかしコンビニでしか買う術がないというのも、酒飲みにとっては辛いところだ。

明日は歓送迎会。一応akiさんと私は「歓」の対象者だ。参加しなくちゃだけど、できるんかいな。
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:57 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |