FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-12- | ARCHIVE-SELECT | 2004-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

忘れちゃいけない 女であること 「★つ・ぶ・や・き★(1279984)」

かつては引き出しが埋まるほど、フレグランスを買いあさったものだけど、最近は買うこともなければ、つけることさえなくなった。何かの拍子にふっといい香りがする女性は、同性からみても魅力的。だからこそ若い頃はせっせといい香りを物色しては身にまとい、女っぷりを上げるべく努力していたわけだ。
マニュキアだってそうだ。これもかつては数十本のストックの中から、気分や季節に合わせて色を選び、時間をかけて塗っていたのに、いつのまにかその習慣はなくなり、売るほどあったマニュキアたちは、とうの昔にボトルの中で固まってしまっている。
相方と出会う前、実年齢よりも若く見えると驚かれるたびに「そりゃそうよ。まだ売り出し中なんだから、オバサンになるわけにはいかないし」と、決まって応えていたけれど、あの頃は確かに今よりも女としての見え方に気を遣っていた気がする。相手がいるからといって気を抜いていいというわけじゃないのに、どこかそのことを言い訳に面倒なことから逃れたかった。もちろん表面的な装飾ではごまかしがきかないし、逆に奥から滲み出る魅力を備えた人こそがいい女といわれる年齢になってきたわけで、本当の意味での女磨きに香水やマニュキアが必要ないと思わなかったわけでもないけれど。
でも、キーボードはもちろん、包丁さえろくに使えないんじゃ?と思わせるような凝ったネールアートを楽しんでいる腰掛けOLよりも、寸暇を惜しんで仕事に明け暮れている女性であればあるほど、メイクはもちろん、手先や髪や肌のお手入れぶりに、気の遣いようが見て取れる。忙しさを言い訳にしないところがいい。
オフをナチュラルに満喫できる女性もあこがれるけど、忙しさが表に出ない女性ってかっこいい。
スポンサーサイト



| 未分類 | 15:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ケンカしながら開けた生ワイン 「たのしいお酒飲んでますか。(89949)」

今日はカメラマン満っちの車で、稲毛の酒屋さん、平野屋へ。11月に予約しておいた生ワインを受け取りに行ったのだ。のり平、シュルケンさん、満っちそれぞれに、ワインの他選りすぐりの日本酒や焼酎を念入りに吟味して買い込んでいた。こういう時に軍資金がないのは実に辛い。前回ここで買ってため息がでそうにおいしかった藁つと納豆や、体によさ気な「ハニー&黒酢」の濃縮エキス、玄米パンなどは、ぐっと我慢した。
さてこの生ワイン、もちろん非加熱処理、酸化防止剤無添加の甘口ワイン。すっきりとしてぶどうジュースのような飲み口で、ゆえに食事には不向き。2週間以内で、しかも開栓したらその日のうちに飲んだほうがよいので、何人か集めて飲んだほうがいいというのがお店の方のアドバイス。でもまぁ飲んだくれメンバーの我々に限っては、そんな心配は無用であり、実際2本買ったうちの1本は、さっそく相方とふたりであけてしまった。家に帰りつくなりその感想を送ってきたのり平はひとりで飲みきったんだろうか。・・・まぁ軽く開けちゃったんだろうな、きっと

さて転職先の正式な入社日は次の水曜日だけど、一応明日の全員朝礼で挨拶をすることになっている。履歴書に書ききれないほどに転職は経験しているものの、はやりこういうときは緊張する。ここ10年ほどは少人数の企業ばかりだったので、たくさんの顔を前にしての挨拶は久しぶりだ。
一昨日から眠りが浅いのはそのせいだったりするんだろうか。落ち着かないしイライラするし、そののりで相方とはまた夕食をおかずに口論に。なんだかな。最近ケンカが多いんだよね。せっかくの生ワインも後味最悪。かといって明日のことを考えると、それ以上飲むわけにもいかず・・・。今日のお酒は珍しいことに、まったく楽しくないお酒だった。いっそひとりで飲んだほうがマシだったってやつ。みんなはどうだったかな。

| 未分類 | 13:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新ドラマ一巡

ドラマが新クールを迎えてぼちぼち第1回のオンエアが終わり、今期どのドラマを観るかがだいたい決まってきたころだ。「プライド」は、マコちゃん情報によると3回目くらいからおもしろくなるらしい。だから今日も我慢して(?)観た。キムタクの鼻っ柱の強さが文字通り鼻につく。坂口くんのミエミエ演技もな。他に「僕と彼女~」も第2回を観て、これはこれからまだ観てもよい感じ。最初が最悪だからこれからよくなってくるんだろう。「彼女が死んじゃった」、なんだこりゃ。おもしろいんだろうけど、ハチャメチャさがちょっとキツい。内容的にも家族団らんには不向き。そして昨日やっと第1回を迎えた「砂の器」。案の定海より深い暗さに終始。天才ピアニストであり殺人犯となってしまった主人公を演じる中居くんは、それなりに役作りは結構がんばった感じ。赤井の老け役、ちょっと新鮮。いやそれにしても、日曜日にあの暗さはどうなの。ウルルンでお口直ししないと眠れないしな。

| 未分類 | 00:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |