FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-10- | ARCHIVE-SELECT | 2003-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

謎だらけのマトリックス

映画マトリックスの完結版となるマトリックス・レボリューションズが昨日日本時間23時に世界同時公開した。世界っていうと漠としているけれど、これが実に62カ国。その62カ国の中で、主演のキアヌ・リーブスとかなりイっちゃってる感のある監督、ウォシャオスキー兄弟がカウントダウンの地に選んだのは日本だった。確かにマトリックスのコンセプトには、日本のアニメと中国拳の要素が色濃いけれど、だからってね。なぜ?どうして?ぜひともひとつそのあたりの真実を知りたいところだ。
しかしまあ百歩譲って光栄ですって言ったとしても、なんで歌舞伎町ミラノ座前?六本木ヒルズやお台場や、他にもなんとかなりそうなスポットはありそうなもの。巨大なボードでステージが囲まれたお陰で、あの猥雑な歌舞伎町の雰囲気が世界に流れることはなかったのかもしれないけれど、あの一帯に偏見にも似た嫌悪感がある私としては、ちょっとどうなの?な感じは否めない。
それにしてもキアヌはいいオトコだねぇ。確かレバノン生まれだったはずだけど、どこか東洋の香りを感じさせる面立ちは、父親がハワイと中国のハーフだからだ。これでもスウィート・ノベンバーの頃だったか、一度調べたことがある。そもそもが東洋人の男性にしか興味がない私(ってゆーかさ。西洋人身近にいないし)は、やはりどこかに東洋なテイストが入ってないとダメらしい。
まぁそれはいいとして。初回作で頚椎を痛めながらも、相変わらず激しいカンフーと中吊り演技を数ヶ月もかかってものにした完璧主義はさすがだ。もうぼちぼち40歳になろうかという歳なのに。で、あのルックス。ステキ過ぎる。マトリックス続編2作の収益の15%に当たる報酬が基本ギャランティの他に約束されているからといっても、なかなかできることじゃない。やる気はあっても体が言うことを聞かないのが、全盛期を過ぎた体の実態だもの。金にもの言わせて秘密の若返りプログラムなんかやってるんだろうか…。
ともあれ大騒ぎのマトリックス。リローデッドを見ても、やっぱりよく全貌がわかっていない私は、ヒントを探して“matrix”の意味まで調べてみた。母体、基盤、発生源…?あのダラダラと流れている数字の羅列もマトリックスってこと。やっぱりよくわかんなーい。そんな私は果たして、レボリューションズを観るのだろうか。そして観たところで全貌を理解できるんだろうか。
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |