FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-09- | ARCHIVE-SELECT | 2003-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ホントにやれるの?中曽根さん

不惑の四十といわれるのに精神的には未だに実年齢に追いつけず、しかし身体の衰えだけは徐々に感じつつある昨今。20、30代のバイタリティーは、さすがの私でも失いつつある。
加齢とは歳とともに積み重ねられるはずだけれど、実感としては何回かの段階ごとにジワッと感じてはそれに慣れ、そしてまた次の衰えを感じて慣れる…とんなものなのだろうか。
なぜこんなことを思ったかは他でもない。あの中曽根さんが、小泉さんからの引退オファーを真っ向から拒否したからだ。いったいどこいらへんにその自信とパワーがあるってんだ。風見鶏なんていわれながらも3期に渡って総理を務めあげて早16年。去年何かの折にニュースの映像に映ったその風貌に、思わずえっ?と思ったのは私だけじゃあるまい。おじいさんだもの。りっぱな。
それもそのはず、もう御歳85歳だもの。何をしようってんだといわれても仕方あるまい。いくら高齢大国日本であろうと、まだまだもう少し若い連中だっているじゃないか。橋本総理時代に交わした約束云々なんかいってる場合じゃない。中曽根さん本人に、政治家として必要な頭脳と体がもうないんじゃありませんか?ってことなのに。ご本人は一向に衰えを感じていないらしい。小泉さんだって、そんなことをストレートにいえるはずもなかろうが、その後はさらに84歳の宮沢さんとも同じ内容の会談をしたらしい。リストラ宣告する総務部長みたいだな。相手が強気な分、逆に気は楽なんだろうか。さすがに小泉さんが気の毒な感じがしなくもない。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:48 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |