FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-09- | ARCHIVE-SELECT | 2003-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

開いててよかったヨーカドー

昨日、船橋駅に帰り着いたのは21時半を回ったころだった。部署や担当者が変わっても、ことごとく私と(今回はakiさんも)相性が悪いNTTコミュニケーションズのわがままに対応しているうちに、すっかり遅くなってしまった。
家に帰れば何かしら口にするものはあるけれど、もうキッチンに向かう気力がなくヨーカドーの食品売り場に向かう。営業時間が午後10時まで延長されて以来、その恩恵を受けるのは初めて。干物類程度しか残っていない鮮魚売り場には人はまばらだけど、50%引きシールが軒並み貼られたお惣菜のワゴンには、仕事帰りのサラリーマンやOLのみならず、主婦風情の女性まで入り混じって争奪戦真っ只中。この時間帯を狙うがために、敢えて残業してたりする人も中にはいたりするんだろうな…なんてことまで想像させる勢いだ。しかもなぜか揚げ物やフライに人気が集中。私が買った生春巻きなんかは、売り場をひとまわりして戻っても残っていた。こんな時間から揚げ物を食べるのか?いったい何時に就寝するんだろう、なんてまた余計なことを考えちゃう私。安めのシャブリを最後にカゴに入れてレジを済ませ、すでに鍵締め担当のガードマンが待機する出口をそそくさと出た。
これが24時間営業の津田沼イオンだったら、もっと商品は充実しているんだろうか。「閉店間際」って観念がなくなるわけだし。でもやっぱり夕方のお値引きタイムは設定するだろう。何がいいって、客にとってはあの時間帯のお値引きがスーパー利用の旨みだったりすんだから。そうして一旦売り切った風を見せながら、また裏の方では深夜に向けてのお惣菜作りなんかが進められているんだろう。
しかしなんだよね。まだコンビニすらなかった時代の人たちは(っては私が子供だった頃はなかったわけだが)、遅い時間にたまたま家に食料品の買い置きやなんかがなかったときはどうしていたんだろう。そんなときのために、かならずインスタントもののひとつやふたつは常備してたんだろうか。となると、昔の人は計画的じゃなきゃならなかったわけだ。その分、今の人種は行き当たりばったりでもぜんぜんOKになってるわけだ。便利は人を刹那的にするのね。
スポンサーサイト



| 未分類 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |