FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-08- | ARCHIVE-SELECT | 2003-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

相方にも連鎖しているプチアルツ

先週末、相方と電車の中で次のキャンプの準備の話しをしていたとき、前回持っていった寝ゴザは干したのにシュラフを干した記憶がないよねという話題になった。いつも使った後は必ず干しているのに何たること。帰ってきてからまた天気が悪かったせいで干さずじまいだったのかと、ふたりして「しまった!」と感じ、そうして次の瞬間我ながら情けなくって苦笑した。
なんのことはない。
前回、シュラフは持っていかなかったのだ。
真夏のキャンプだ。標高が変わらない勝浦ならタオルケットで充分と判断したのだった。そんなことも忘れているとは…。ふたりしてあんぐりである。
もともとプチボケが始まっている私はともかく、最近は相方もかなりひどい。先日は駅のほうまで行ったのに、ゴミを出すのを忘れたと思って家に戻ったらどこにもゴミはなく、無意識のうちにちゃんと自分でゴミ置き場に出していたんだとか。考え事をしていて、ゴミを出したことを脳が認識していなかったってことだ。よく家を出てから、アイロン消したっけ…?とか、鍵を閉めたっけ?なんて不安になることはあるけど、彼の場合はまるで逆だから。結果的にちゃんとやることやってるわけで問題はないんだけど、相方もヤバイのかと思うと、自分はプチってますし!なんて甘えてばかりもいられない。他力本願もそこそこにしとかないと。
そう思ったはなからまた、相変わらずボケをかますのが私らしいところで、昨日の帰りは会社に財布を忘れていった。東京駅始発の津田沼行き電車に乗り、しかも運良く座れてやれやれと見るともなくバッグの中を見たときに財布がないことに気が付いた。相方と船橋駅で待ち合わせて食材を買って帰る予定だったので、全部彼に瞬間ゴチしてもらった。なにかおいしいものがないかと、八重洲大丸のデパチカを随分と物色したんだけど、何も買わないでよかった。「これください」とオーダーして、財布がないなんてシャレにならない。いやはやびっくりびっくり。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |