FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-07- | ARCHIVE-SELECT | 2003-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

お久し振りの宴 パート2

先日、若かりし頃蔵王でナンパされた人たちと未だに交流がある話を書いたけれど、昨日はそのメンツでとっても久し振りに飲んだ。
そもそもの私の連れだった友人は神戸に嫁に行ってしまって誘いようもなく、先方2名と私の合計3人だと思っていたんだが。うちひとりが仕事の都合で毎年ビアガーデンのタダ券をゲットしているという五反田ゆうぽうとへ着いてみると、彼らの学生時代からの友人ふたりも加わり、都合5人の宴になった。
みなそれぞれに会社や店を持ち活躍しているが、働き盛り…?というよりも、50歳を控えてもうぼちぼち楽になりたいという本音が見えてきそうな塩梅。お酒が進むにつれて私もすっかり話しの輪に溶け込み、年内にいっしょにゴルフに行くことに。その4人でよく出かけるらしいのだけれど、若干一名がいつもゴタクを並べて参加の返事を保留にするので、いつまでたってもツアーが実現しないらしく、その人の替わりに私をということらしい。ふたつ返事したものの、ワッグル編集社の社長さんからいただいたゴルフセットはまだビニールに入ったままだし。からだ、回るのかな?

でも大学を出て以来、なんやかやと今まで交流が続いている仲間ってすごい。結婚しても、子ができても、日常のスタンスにさして変化のない男性ならではという気も。女性はどうしても彼氏や夫や出産、育児などで生活パターンを変えざるを得なくなり、必然的に友達付き合いが疎遠になったり、友人のタイプが変わってしまったりする。ママ連中はママ同士。ディンクスはディンクス。そして独身は独身みたいな、そんな付き合いのほうが楽になってしまうのだ。現にたまに子持ちの友人と逢うと、やれ幼稚園がどうした、お受験がなんだ、ダンナの帰りが遅くて家庭内別居だなんだと突如奥様向けモーニングショー(死語か?)ノリの世界に引きずり込まれたような気分になり、途端に歯切れが悪くなることも。子育てママからは「いいわよねー、自由で」といわれても、愚痴りながらも子育てを楽しむ奥様連中が、実は心のそこから羨ましかったりするのだ。今は髪振り乱してても、長い目でみればきっと産んでよかったと思えるはずだと、ないものねだりをしてしまう。なにゆえ、子にも恵まれない人生を歩むハメになったのかと。

そういえば、昨日の4人の中でペットを飼っていないのはひとりだけ。後はフェレットや猫やゴールデンやテリアなど、限りなく家族に近い感覚でペットを飼っている。中でもフェレットを飼うK氏は、現在のコでもう6代目。比較的病気しがちのフェレットに、1回20万もかかる手術を何度もしたのだとか。生活が苦しいといいつつも、「だってうちの子供だもん」という。子供に恵まれなかった分、その愛情をフェレットに注ぎ込んでいるのだろう。うちもじきにペットを飼うんだろうか…。
スポンサーサイト



| 未分類 | 15:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |