FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-06- | ARCHIVE-SELECT | 2003-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

発泡酒増税のお粗末

値上以来、発泡酒の売上が落ち込んでいる。当たり前だ。
ビールより味は落ちるけど安いからいいか!ってんで売れてた発泡酒だ。値段がビールと変わらなくなったら売れなくなるに決まっている。税収アップを見込んだ増税だったのに、逆に500億円強の税収減になるというお粗末な事態。どうしてこう簡単に失敗しちゃうわけ?
「あっ!そうだ!発泡酒増税してみるか!?」
「いいねっ、いいねっ、ナイスだね~」
なんて小松政夫ノリの(フルッ)スットコドッコイ連中が、赤坂あたりの料亭なんかでお猪口片手に馬鹿騒ぎしてる最中に思いついて、それこそ勢いでやっちゃったとしか思えない。
そもそもタバコ税とか酒税とか、嗜好品ばかりに増税するのもいかがなものか。値上げが嫌だったら吸ったり飲んだりするのをやめりゃあいいじゃん!と、どこかからいわれているようで嫌味な感じ。
今後消費税始めさらなる増税が検討されている。じき、住民税もあがるんだろう。昔は30歳以上は受けられた社会保険庁がやっている生活習慣病予防健康診断も対象が35歳以上に引き上げられたし、国中の財政が逼迫してるのは明白。
手取り給料は間違いなくどんどん減っていくのだ。
本当に野タレ死ぬしかなくなっちゃいそうだ。

ところで。
6月の頭に扁桃腺炎を患って以来吸いたくなくなっていたタバコ。未だに吸わずに済んでいる。値上げをきっかけに相方もやめ、オフィスでは喫煙スペースが会議スペースから外のベランダへと移された。食事どころで煙の行方も気にせずに無神経にふかしている奴なんかと出くわさない限りは、最近は滅多にタバコの臭いをかがなくて済んでいる。もっとも古巣はへヴィースモーカー、akiさんとボスがお構いなしに吸っているんだけど。
このままずっと吸いたくならずにいられればよいのだが・・・と、ちょっとまだ自信がないなおニンなのだ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 10:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

抵抗力は母のお陰

今やコンビニにいけばドリンク冷ケースはペットボトル満載。よほどのお気に入りがないと、どれを買おうか迷ってしまう。緑茶だけでいったい何種類あるんだろう。アミノ系飲料も目白押し。すごい勢いで新商品が登場し、同じようにマイナー商品が淘汰されている。

ところでペットボトル飲料をデスクに置いて、朝から退社まで「ちょい飲み」している人は多いだろう。私もそのひとり。
でもこの「ちょい飲み」。ボトルをあけて一旦口をつけると30分もしないうちに、注ぎ口に大腸菌が発生するんだとか。朝から夕方までちょいちょい飲んでたら、そりゃもうすごい大腸菌大繁殖モード。菌が目に見えたら気絶しそうな勢いだ。理想は飲む分だけグラスに注ぎ分け、残りは冷蔵庫に入れる方法。この大腸菌の実態が表沙汰になってから、メーカーは300mlよりも小さい一気飲みサイズを出しているようだが、普通に考えれば口をつけた部分をほおっておけば大腸菌が繁殖するのは明らかである。
でも実際はそんなことにはだれもあまり頓着していない。なぜ気にしないのか?それは気にしだしたら、いろんなことが「やってらんねーよ」だからだ。
たとえばお昼に食べ残したおにぎり。夕方お腹が空いたからと残りの半分を食べることはままあること。でもキレイなお箸なんかで取り分けた場合を省いては、パクついた部分にはすでに大腸菌が蔓延しているはずだ。そんなことを気にしていたら、食べ残しや飲み残しを時間がたってからまた食べるなんてことはあり得ない。
そもそもそんなことでいちいちお腹をこわしているんじゃ、これもまたお話しにならない。多少の大腸菌に対する抵抗力はお腹の乳酸菌のお陰で出来ているわけで、すでにみな持っているのだ。だから今日まで元気に生きてきているわけだし。
除菌だ無菌だと、何かと清潔・潔癖が美徳とされる昨今だけど、あまり過敏になるのはいかがなものか。いままで一度も食あたりしたことない私は、まったく気にはしていないけど。これもかつて母が夏場の冷蔵庫で保存していて傷みかけたお惣菜を、そうとは知らずに出していたことで鍛えられたありがたい抵抗力だ。もちろんすぐにヤバイと気が付いて、すぐに正露丸を飲まされたけど。

| 未分類 | 00:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |