FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-06- | ARCHIVE-SELECT | 2003-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

六本木ヒルズで豆腐を飲む

今日は仕事で六本木へ。敢えて六本木ヒルズ方面の改札から出て、コンコースを進む。壁面のパネルによると、どうやらセールをやっているらしい。かなりの人出だ。
突き当たりに現れたエスカレーターに乗ったら、六本木ヒルズの2階部分に到着。単に地上に出たかっただけなのに、自動的に2階まで行けてしまう導線になっているのだ。
その長いエスカレーターを登っていると、1階部分にCAFEが見えた。「TOFU CAFE」・・・。豆腐素材で作ったメニューを出すカフェらしい。
ちょっと気になり、メニューを見てみようと1階降りて行って見た。表にだされたテーブルはどれも満席。オーダーカウンターにも列ができている。取ってつけたように喉の渇きを覚え、豆腐スムージー抹茶ってやつを飲んでみる。社長は豆腐スムージー黒胡麻だ。抹茶はやさしい甘さが、黒胡麻はかなり強烈な黒胡麻の余韻が残る感じ。まぁこんなもんだろう。でも他の人が食べていた豆乳アイスのあんみつとか、パフェは非常に魅力的だった。同じパフェでも、普通よりかなりローカロリーのはず。
それにしても店内の年齢層の高さはどうだ。しかも全員女性だ。私たちよりも若いのは4人程度。あとはみな中年のオバサマばかり。CAFEの客の9割がオバサンというのも、ある意味壮観。ここに「豆腐」という切り口がなければ普通ではアリエナイ絵である。豆腐ってすごい。私たちだって普通のCAFEだったら立ち寄ってなかったわけだし。
・・・ってことは、昼間の六本木ヒルズを支えているのはオバサン連中だってことだ。しかもバーゲン中。観光気分でどっと繰り出してきているわけだ。昼の顔と夜の顔。六本木ヒルズってちょっと不思議。
不思議といえばあの妙なキャラクター。「ロクロク星人」なんていっちゃってるが、実際に六本木ヒルズに足を踏み入れると、あのキャラがいかに浮いているかがよくわかる。ピューロランドじゃないんだから。どうしてああなっちゃったのかな。

これで足を踏み入れたのは2回目の六本木ヒルズ。2回分をトータルしても30分にもならない。早くどこぞの店でおいしいものでも食べたいところだが。
だれか連れてって。
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |