FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-04- | ARCHIVE-SELECT | 2003-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

騒音に絶叫は含まれるのか?

東京ドームの隣に新設された遊園地「ラクーア」の目玉として人気を博しているジェットコースター、「サンダードルフィン」。訳して「雷イルカ」・・・。日本語だとかなりダサくて意味不明。でも地上80メートルから急降下して、観覧車の輪の中を突き抜けるという斬新なレイアウトだそうな。総武線から遠目に見たけど、確かにここの観覧車は他のと違っていて円の中心が空洞になっている。車輪でいうところのスポークがないわけで、いったいどうやって回しているんだろうと、相方とあれこれ考えていたところだった。

で、その「雷イルカ」なんだけど、脇の歩道で絶叫を含む騒音測定をしたところ、区の基準を20デシベルほど上回っていたとかで、騒音低減策を求める要請書をちょうだいする羽目になっているそうだ。
この「絶叫を含む・・・」って微妙な感じ。ジェットコースターに乗ったら、誰もが必ず絶叫するというわけではないだろう。ここぞとばかりにストレス発散兼ねて叫ぶ人もいれば、叫ぶ余裕もなくフリーズしてしまう人もいるわけで、逆にいえば乗っている人によって騒音の値は変わってくるはずだ。ひょっとすると国によっても違ったりするのかも。現に昔、まだあのあたりが「後楽園ゆうえんち」だったころ、白山通りを挟んで向い側の会社に勤めていたとき、今となってはかなりチンケに思える古いジェットコースターの騒音はいつも聞こえていたけれど、絶叫は時々しか聞こえてこなかった。
要するに「雷イルカ」自体が発する騒音が基準を超えていないのなら、絶叫分の騒音は基準の対象外にするべきじゃあなかろうかと、そんなふうに思ったわけだ。とはいっても、近隣の人たちにとっては迷惑千番なんだろうけど、だったら建設計画の時点で乗客の絶叫がどの程度発生する設計なのか、つまり絶叫マシンとしてどれほどのものなのかをもっと詰めるべきだったんじゃあないのかい?もっとも「ジェットコースターの設計に元づく乗客の絶叫デシベル予想値」なんてもんが算出できるのかどうかなんて知らないけど。

通りすがりのひと的にいわせてもらえば、轟音をとどろかせて疾走するジェットコースターの乗客が、「きゃー」のひとつもいわずに乗ってるっていうのは、マシンがすごけりゃすごいほど、ある意味不気味ってことはあるよね。
スポンサーサイト



| 未分類 | 13:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |