FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-03- | ARCHIVE-SELECT | 2003-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

突然だがティッシュとちり紙の違い

風邪を引いているので、ティッシュの消費量が甚だしい。今しがたも新しい箱を開けたところだ。
こうなると急にケチになる。
普段はためっぱなしで見向きもしない街頭配りの広告入りポケットティッシュを持ち出して、ポケットティッシュ用ケースに移しかえた。BOXのティッシュと並べておいておくと、どうしても取り出しやすいBOXの方から使ってしまうので、BOX入りは目立たないところに隠してみた。
さすがにどんなに取り出しにくかろうとポケットティッシュを使うことになる。あれよの間にどんどんとポケットティッシュが減っていく。たくさんあったはずがあっという間になくなってしまったのだ。普段無意識のうちにいかにティッシュを使っているかってことだ。
ちょっと水がテーブルにこぼれたとき、目薬がオーバーフローしたとき、耳掃除するとき・・・などなど、ちょっと安易に使いすぎの感もある。

ところでティッシュを「ちり紙」と呼ぶ人が未だにいるんだな。身近でいえば、相方もそうなんだけど。私にとっての「ちり紙」は、ポッチャントイレの傍らに竹の浅い入れ物に重ねて入れられていたちりめんのようなテクスチャーを持つあの紙だ。あれこそがちり紙だ。ティッシュと横文字呼びする以上は、やっぱり洋式トイレにそぐわない代物ではNGだろう。チョッキとベスト、トックリとハイネックのように、呼び方が違うということだけでは済まされない。そのもの自体が別物なのだ。ロールになった時点で、もう「ちり紙」と呼んじゃいけないと思うんだがな。
そこんとこ、どうなんだろ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

年収3000万円以上の方って・・・

年収3000万以上という線引きが、最近気になる。この春からも「年収3000万円以上の方のための番組です」なんて番宣してる番組があったり、たまたま2週間ほど前に仕事で目にした「VACATION」という情報誌も、同じく年収3000万円以上の人に向けて、無料で送りつけているものだった。好評なのか、「エディクタム」という名前で最近リニューアルを図っている。市販もせず、無料で送りつけているということは、広告収入だけで出版しているってことだ。表紙にも商品の写真を出すことができて、出稿料は500万。でも相手は金に糸目をつけない連中だ。「あの雑誌の表紙に出てた商品いただける?」なんて客がひとりでもいれば、簡単に元はとれてしまう。
でも雑誌購読者のターゲットゾーンになってるくらいならわかるけど、番組までがそのゾーンを意識して作られるとなると、不景気とはいいつつもやっぱり「あるところにはある」「持ってるヤツぁ持ってる」ってことなのね。
政界人、芸能人、医者、弁護士、業経営者、スポーツ選手・・・なんてところか。相変わらず外資系金融会社のサラリーマンも、そのくらいもらえてたりするんだろうか。夢のような大器晩成型人生でない限り、あたしなんかにゃ死ぬまで縁はないんだけど、昨今の「年収3000万円以上」という切り口が、なんだか気になる。

まだまだ冷え込む夜の帰り道。ビルの陰にうずくまるようにして寝ているホームレスの人たちがいれば、毎月高級情報誌が無料で送られてきて、それこそ電話一本で販売員を呼び寄せることができる人たちがいて、なんだか切ない。

| 未分類 | 15:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一週間激務のご褒美

このところのドタバタ作業が一段落。週明けに待ち受けているさらなる怒涛の忙殺地獄はひとまず置いといて、社長と夕食にでかけた。といっても9時は過ぎていたけど・・・。
歩いて3分ほどのプライムスクエアへ行って、迷った挙句にエラワン広尾店へ。重厚なドアを開けると、エントランスで焚かれたお香の香りが迎えてくれた。黒服が一足遅れだったことで、おもてなしレベル評価は低くせざるを得なかったけれど、なにしろいい雰囲気。人気店のはずなのに、客はまばら。駅から遠いとはいえ、道すがらにあったラーメンやさんは行列がトグロを巻いていたぞ。
シャンパンと白ワインを飲みながら、生春巻き、パパイヤのサラダ、空芯菜の炒め物、大好物パイナップご飯、揚げバナナとココナッツアイス、完熟マンゴーとココナッツの香りの甘いもち米・・・はぁ~至極。腹一杯。
こんなもんで一週間の疲れは癒えやしないけど、やっぱりうまいものは定期的にいただかないとね。
さして飲んでもいないのに、帰りの電車では立ったまま寝てたせいであっという間に船橋到着。午前1時過ぎであった。

| 未分類 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |