FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-03- | ARCHIVE-SELECT | 2003-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

筍山ビジネス

帰り道、濡れたアスファルトに数え切れないほどの桜の花びらが張り付いていた。もう桜も終わりの頃を迎えている。
そうこうする間にGWを向かえ初夏となり、そしてまた、考えるだけで眩暈がしそうな酷暑となる。年々過酷になる日本の夏。毎年気温が上がっているわけだから、今年は間違いなく去年の夏よりも暮らしにくい・・・いや生きにくいといっても過言じゃなかろう。今の肌寒さをなんとか温存しておいて、真夏に取り出せないものだろうか。いまどきの科学の力を結集すれば、できなくもないように思えるんだけどな。あんまりいうと馬鹿にされそうだからやめておくけど。

ところでGWに、千葉の四街道に筍狩りに行くことになった。もともと狩りものは好きなほうで、栗拾いとぶどう狩りは死ぬまでにはやってみたいと思っていた。この前食べ過ぎてうんざりしたイチゴ狩りは幼稚園の時にすでに体験していて、芋掘りもはやり経験済み。でもまさか筍掘りが体験できるとは夢にも思っていなかった。しかも今回の会場は仕事仲間のまこさんのご親戚所有のもの。お金を取ってどうのという設備があるわけじゃない。本当に正真正銘の筍の山なのだ。なんだったら商売してくれ!くらいいわれそうな勢いなのだ。だったらシーズン中、バスツアーの立ち寄りスポットに組み込んで、飲んだくれが持ち回りで筍山の番をし、お金を取って筍を掘らせ、掘ったものを焼かせて食べさせればいい。もちろん持ち帰る場合は筍堀リ料金以外に料金をとるのだ。公園人さんが当番のときは、筍尽くしのランチなんかも提供できそうだ。筍焼き、筍の刺身、筍のてんぷら、若竹とわかめのさっと煮に、筍飯し…。これだけで1000円…、いや1200円でどうだ。なんてったって朝掘りだからね。ついでに筍の皮で包んだおにぎりもお持ち帰り用に売ってしまおうか…。
誰か毎週四街道までいける人いないもんだろうか(結構マジで考えてたりする)。
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:31 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |