FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-02- | ARCHIVE-SELECT | 2003-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

アカデミー無事終了だが。。。

「千と千尋の神隠し」がアカデミーの長編アニメ賞を受賞。あまり触手が動かなかったけれど、こうなるとDVDでも借りて観てみないと。宮崎作品は「天空の城ラピュタ」が割と好きで何度か観たけれど、最近の「もののけ姫」や「千と千尋」はあまりそそられなかった。
ひょっとすると、周囲の人間に限ったかなりローカルなことなのかもしれないけど、宮崎作品は圧倒的に男性陣に受けがいい。私が観たというのも、昔付き合っていた男がやはり宮崎マニアだったのが原因で、それこそナウシカやらトトロやら、せつな過ぎる「蛍の墓」なんかを見せられたわけだ。
でも最近の作品は、一昔のファンタジータッチの作品とはちょっと違うような気がする。風刺がやけに効いているのではないかな。しかしディズニー作品を抑えての堂々の受賞は大したもの。

それにしても主演女優賞のニコール・キッドマンの初々しさはどうだ。わがままでかなり気の強い人だという話しか聞こえてこなかったけれど、授賞式ではずいぶんとピュアな感じに見えた。もうぼちぼち30代後半になる頃じゃないのか。
まぁそういった部分も正解にとどろく一流女優たる所以なんだが。
グラミーに中に登場したグラミー受賞者ご一行様もすごかった。1960年代の映画で受賞した人たちなんて、ろくすっぽ知らないし、昔の写真なんかと並んじゃったりしていて、もう見る影もない人たちばかり。もうとっくに俳優業なんかリタイアしているのに、ひな壇にずらずら並ばされて、ある意味恥ずかしかったりするんだろうな、本人的には。
でも何しろこんな情勢下でも無事に終わったアカデミー。無事に終わるも何も、何事もないように開催しちゃうあたりに、今のこの戦争が如何にリアリティーがないかってことの表れなのでは?
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |