FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-01- | ARCHIVE-SELECT | 2003-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

変わり行くオフィス街

オフィス用品の通販業者でダントツの売上を誇るASKULには、いつもお世話になっている。
「注文したら明日来るからアスクル」ってことらしいんだけど、ウェブ会員になって11時までにオーダーすればその日のうちにくる。「キョウクル」でもあるわけだ。
ここの商品カタログは、スタート時の2倍ほどの厚さになっている。事務用品、OAサプライはもとより、お夜食・おやつ類、ドリンク、キッチン用品、ユニフォーム、家電、オフィスインテリア用品、名刺印刷、印鑑・ゴム印作成と、とにかくオフィスで必要と思われるものはなんでもかんでも扱っている。しかも店頭価格よりもうんと安く買えるとあって、使わない手はないのだ。ウェブサイトではコミュニティーページもあって、OL連中の憩いの場になっていたりもする。
考えてみれば、ここ何年も文房具屋さんに行ったことがない。特殊なものが欲しくて伊東屋に年に何度か行く程度だ。オフィス街に少なからず点在する街の文房具屋さんは、どこも決まって元気がない。ASKULに代表されるオフィス用品通販業者台頭のせいだ。個人消費者だって、のりやセロテープなんてものはスーパーやホームセンターで安く買えるご時世だ。街の文房具やさんが消えてしまう日は近いかもしれない。

文房具屋さんのついでにカメラやさんもやばそうだ。定価売りのカメラ若干の販売と、現像・同時プリント、証明写真撮影なんかで成り立っているカメラやさんだ。デジカメの出現で、紙焼きのニーズがガックリ減っているし、カメラを買う人は量販店に流れている。インスタントカメラがあるうちは、それでも紙焼きは必要だけど、それもいつまでニーズがあるかわからない。しかもあちこちの駅にDPEカウンターができて、便利になってきている。
私もバカチョンカメラが故障したっきり修理に出していないので、最近はもっぱらデジカメばかり。父から譲り受けたニコマートで撮影したときしかカメラやさんにいかなくなった。
街からいろんなお店が消えていきそうだ。

そういえば、消える一方で妙な出店もある。八丁堀交差点近くの新大橋通り沿いに、ジョナサンが出没したのだ。ジョナサンといえば飲食店の中でもファミリーレストランのカテゴリーに入るはず。それがオフィス街の中に堂々のオープンなのだ。もちろんパーキングスペースはない。オフィスビル目白押しの通りに、いきなりのハデハデ外観。ランチタイムは混むだろうし、ろくな喫茶店もないエリアだからニーズがなくはないだろうけど、どうだろう。もうちょっと業態を工夫してもいいような気がするんだけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |