FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2003-01- | ARCHIVE-SELECT | 2003-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

恐怖の二重あご

昨日は提携先のウェブサイトにスタッフとして掲載する写真の撮影の日。うまい具合に空は青く抜けていい感じながら、寒さは厳しい。3月末までの掲載予定ゆえ、春めいた方がいいとコートをかなぐり捨ててのポージングは、我慢の甲斐なく寒さと緊張でカチンコチン。つくづくモデルの偉大さを思う。

夜、写真を取ってくれたジャン・レノ小林くんから、もうデータを納品するとの連絡。結局akiさんやボスと一緒に有楽町で軽く一杯やることに。
飲む間に昼間の撮影の話題になり、やおらパワーブックを取り出した小林くんは、今日撮影した画像をモニターに出し始める。いかーん!!私の二重あごが露呈する。はぁ・・・なんてフケちゃったんだろう。カメラ目線のショットではごまかせても、ポートレート風横からのショットなんかもう見られたもんじゃない。完全に線が弛んでいる。あぁどうしよう。歳より若いことだけがウリだったのに…。藤原紀香あたりになると、部屋に大きな鏡を置いて、常に自分のシルエットを映し出しながらチェックを怠らないらしい。そんなことしたって、弛みたいだけ弛んでいる私の場合は落ち込む要因を増やすだけと、やる気にもならないが、顔についても同じことだ。たまには3面鏡で目の届かない角度からも見てみることって必要かも。メイクに30分かけるよりも、1週間のフェイスライン引き締め即効マッサージのほうが、どうやら必要だったよだ。やれやれ。

そういえば一昨日はイトキンの社長に初めてお会いした。伝をたどって企業PRの機会を得たのだ。まだ47歳の社長さんは芦屋の御曹司。標準語ならきつく刺さる言葉も、関西弁独特のオチャラケトーンのお陰でジャブ程度に抑えられ、なんとか企画提案にまで話しを運ぶことができた。
帰りがけ、すぐに外出するという社長さんのコートにチラっと目をやると、プラダスポーツの赤いタグが目に付いた。イトキン社長はプラダ好きか。てっきり自社ブランドを着るものだとおもっていたんだがな。こっちはオンワードはあってもイトキンものがなくて、何を着て行こうかとかなり神経を使ったのに。

明日はやっと土曜日。早くまた呆れるほど眠りたい。
成東で摘んできた13本のポピーのうち11本が見事に開いている。部屋がフワーっと明るくなるあでやかさである。愛らしい花だ。開きすぎると、ちょっとオバカっぽいけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |