FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-12- | ARCHIVE-SELECT | 2003-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

どうなる東京

今後都内には20もの高層ビル建設が予定されているらしい。六本木や汐留、品川にももうすでに景観を変える高層ビルが建てられている。社内イントラなどの環境整備のきっかけにと、古いオフィスビルからこれら新築ビルに移転する企業は目白押しとなり、その結果たかだか築10年やそこらのオフィスビルに空室が目立っている。2003年問題と呼ばれている現象だ。
幕張新都心、みなとみらい地区など、東京への一都市集中を緩和すべく開発が進んでいたエリアは、この東京の開発のお陰で、それこそ「かけた梯子をはずされた」状態になっている。もうあの地域が今以上に活気を帯びることはないだろう。
東京の開発には、バブル後に残った不良債権物件処理対策の意図があるといわれているようだけど、2003問題の結末はなくすはずの不良債権をさらに生み出すってことになるんじゃないのか。
高層ビルが乱立しているエリアは、政府によって建築法の緩和がなされている。通常1000%の容積率が、敷地内に緑地などを設けることを条件に1500%まで認められている。1000平米の敷地で容積率1000%ってことは延べ床面積1万平米までOKってことだ。簡単にいってしまえば、今まで1フロア1000平米の10階建てビルが建っていたところをぶっ壊して、半分を緑地にして1フロア500平米30階建てのビルを建てることができるってことだ。しかも地価が下がりたいだけ下がっている今なら、最新鋭のビルだってさして賃貸料は高くないらしい。
ビルの増加で便利に一新する駅周辺、使い勝手がよく眺めのいいきれいなオフィス…。高層ビルに企業が移転するのは当たり前だ。主を失ったまま何ヶ月も借り手のないオフィスはどうなってしまうんだろう。そういうところを都心のマンションに改装しようという動きもあるようだけど、もともとオフィス用に設計された建物は防音や防湿などの点で基本的な構造が違っているはずで、恐らくは居心地のいい住まいに
は向かないはず。つぶしが利かないとはまさにこのことだ。
前にも書いたけど、仏様のように俯瞰から長~い目でみながらディレクションできる人はいないもんだろうか。本当にこのままじゃこの国は危ういぞ。

今夜から始まる東芝日曜劇場はキムタク主演。「空から一億」から1クールぶりである。竹中直人いかりやの長さんなど渋いメンツもレギュラーに顔を連ねている。私としては、利まつが終わって楽しみがなくなっていた日曜の夜の新たなイベントである。
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |