FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-12- | ARCHIVE-SELECT | 2003-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ナノワールド接近中

「飛行機を地上1mmで飛ばす技術…」なんてCMでいわれても、そんなことできるはずがないし、する必要もないんじゃないかとただ思うだけだったけど、このナノテクノロジーってやつを使ったファンデーションが資生堂から発売されるらしい。
超微細技術と呼ばれるナノテクノロジーの世界は、1mmの百万分一という私にとってはまったくとんちんかんかつ、イメージすらできないスケールなんだけど、ナノテクノロジーによる新プラウディアは、ファンデーションに含まれているパール粒子をナノ単位の酸化亜鉛で覆って、汗や皮脂を吸着してパウダー状に固めちゃうんだとか。結果時間が経ってもぎらぎらテカテカしないきれいな肌が保てるって仕組み。3月に発売される「クリアクオリティーパクト」でナノワールド(?)が体験できる。非常に身近である。ナノへの第一次接近遭遇!みたいなニュアンス。
身近といえば、繊維にもナノテクは応用され始めた。機能性はすぐれていても、どうしても風合いや吸湿性で天然繊維に劣っていたナイロンやポリエステルにナノテクを取り入れることで、繊維を細くすることが可能になる。繊維が細くなれば吸湿性が上がり、その結果手触り・肌触りが格段によくなるんだそうだ。アーケード洋品店の定番だったナイロン製品が、高級アパレルブティックのウインドーを飾るようになるってこと。リアルとフェイクはますます区別がつきにくくなるんだな。

なんて具合に、遠い世界だとしか思っていなかったナノテクグッズが、どんどん溢れていく。リアリティーがないのに身近、だけどありがたみが実感できないというなんだか不思議なワールドだ。
そのうち絶対広告でやりそうですでに憂鬱なのが、「ナノってこんなの!」的キャッチだな。やれやれ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |