FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-12- | ARCHIVE-SELECT | 2003-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

強風の恩恵 朝の富士

昨日のお花見日和を思わせる暖かさから一転、昨夜来の強風を伴った今日の寒さにはちょっと参った。それこそマチコ巻きしたいくらいの頬を打つ寒風。電車を待つ吹きさらしのホームでは、からだが固まった。でもその強風のお陰か、車窓からは雪化粧した富士山がくっきりと見えた。中央線からはよく見ていたけれど、総武快速からこんなにクリアに見えるのは稀である。こんなことでもちょっとうれしい。富士山はやっぱりすごい。

そんなわけで、今日はちょっといい一日かと思いきや、お昼時にオフィスの冷蔵庫を開け閉めしていたら、開いたドアの角で眉の下の骨を激打した。いわゆるたんこぶがみるみる膨れ上がり、まるで水色のアイシャドーを広げたようなありさまに。そのまま打ち合わせに出かけたけれど、誰も気が付かなかったから重症じゃないらしい。
こういうときの応急処置って困る。とりあえず5分くらい氷で冷やしたけど、インドメタシンを塗るには目に近すぎるし、熱さまシートじゃ外を歩けない。4時間が経過して腫れは少し引いたので、よしとするか。やれやれ。とんだいい一日である。

ところで、その打ち合わせの時、クライアントが正月に風邪を引いたといっていたけれど、この年末年始は私の周囲の連中は軒並み風邪にやられたようだ。医者にいけずに最悪の風邪だった人や、だらだらひいていたが医者に行ってすぐに治った人、などなど。はやり休みが長いと逆に不摂生をしたり、日ごろのペースが乱れたりで、体調が崩れやすいということか。確かに暴飲暴食、宵っ張り、運動不足は正月休の代名詞だ。私も今週でやっと風邪が抜けた部類。風邪に対しては、いくつになっても学習できないようだ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |