FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-12- | ARCHIVE-SELECT | 2003-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

おふろでキャンドル

月曜日にお風呂の電球が切れた。今週は連日帰宅が21時を軽く回っていて、しかしそれでもコンビニくらい帰りに寄れそうなものだが、いつもお風呂に入る時点まで切れていることを忘れている。よって買っていないわけだ。
でも不自由しているわけじゃない。
結局昨日までの4日間、大振りのキャンドルをふたつお風呂に持ち込んで、立ち上る湯気のせいでぼんやりと見える炎を眺めながら、ずいぶんと幻想的なバスタイムを楽しんでいる。四万温泉田村旅館の行灯の明かりだけが灯った檜の湯殿のよう…とはいかないまでも、いつもとちょっとばかり違った雰囲気が楽しめる上に、これが意外とリラックスできてしまうのだ。だまされたと思ってやってみて。

今日また古巣のオフィスへ顔を出した。ボス曰く、私がいなくなって一番困ったのは何だと思うかと尋ねられた。お茶を出す人がいなくなったこと?というと、封書を出そうとして80円切手が見つからなかったこと!だと。
今までは、雑用のA to Zを何でも私がやっていたため、切手一枚探すのが至難の業らしい。それに、見つからなくて当たり前だ。80円切手を切らしていたんだから。
その他、ワードやエクセルでちょちょっと作れる程度の文書や表も、頼む人がいない分、自分でやらざるを得ないわけで、ちょっと上達したようだ。
「いいことじゃん!」と私。「そうだな・・・」とボス。

ところで年末にイタリアへ行っていた森ちゃんの土産話の中に、おもしろい話があった。
イタリアで知り合った、日本に何度も行っているリチャード・ギア張り190cmのいかしたセニョールは、日本のカフェではドトールがお気に入りだとか。スタバやTULLY’Sよりも?
すっかり嫌っているドトールへはここ何年も行っていないが、最近は競争が激化しているせいかずいぶんとコーヒーの味が上がったそうな。たまには見直してやらなきゃならないものもあるもんだ。そうはいってもヤニ臭さは相変わらずだと思うんだけど。
それからもうひとつ、そのギア風いかしたセニョールは大のユニクロファンらしい。イタリアにはもちろんいい服はあるけれど、それはそれなりの金額を払った場合の話し。安かろう悪かろうなわけだ。だから格安な割りに機能的なユニクロ製品は、彼のハートをぐっとつかんだようだ。上から下までユニクロだよ!なんて言ったとか言わないとか。
確かにユニクロのヒートテックハイネックシャツを河口湖に着ていった私は、朝日の当たるデッキにそのシャツ一枚で出て平気だった。日光が当たると普通よりもうんと暖かくなるのだ。これにはちょっとびっくり。
ユニクロのお陰で、年配者がおしゃれになった気もする。老若男女が値段を気にせずこぞって買い物ができるから、孫がおじいちゃん、おばあちゃんのコーディネートをしてあげることだってできるからだろうか。太うねのコーデュロイパンツにエアテックダウンを着たおじいちゃんって、結構ステキ。
ただ私はもうさすがにこれといって欲しいアイテムがなくなった。買い尽くした感がある。
今後はちゃんとした「女の仕事服」の充実を図らなくちゃならないようだ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 10:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |