FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-12- | ARCHIVE-SELECT | 2003-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

青い目の利き酒師

この時期に転職したというと、前の会社が潰れたのか?と思われてしまいがちなことが、転職二日目にしてわかってきた。日ごろベタな付き合いをしていない限り、そう思うのも仕方ない。なんてったって世の中には失業者が溢れているご時世なんだから。

去年何かの番組で、小布施にある造り酒屋「枡一」に就職したアメリカ人女性が、社内革命を起こして売上を20倍にしてしまったという話を見た。情報誌でも読んだことがあった。各マスコミが取り上げるだけのことはあるようで、このセーラというアメリカ人女性は、その業績が認められ「日経ウーマン・オブ ・ザ・イヤー2002」大賞を受賞したのだ。
何がすごいってこのセーラ。長野オリンピック組織委員会のボランティアスタッフに採用されて来日したのをきっかけに、かねてから興味のあった葛飾北斎の美術館、北斎館があると聞き長野県小布施に出かけた。北斎の絵に描かれているのが、まさに「枡一」での酒造りであることを知るや、すかさず電話で社長のアポをとり、20kmの道のりを自転車で駆けつけたのだ。その1994年当時、大量生産の安い酒に圧倒され苦境に立たされていた「枡一」に、少しでも新しい風を入れたいという思いで、社長はセーラを採用。その2年後、日本人でも難しいといわれている利き酒師の資格を取得。すごいのはこれだけじゃない。日本酒の良さを知ってもらおうと賭けに出た社長が、蔵の一部をレストランにして、レトルトフードを出そうとすると、「それではロマネコンティがドライブインを始めるのと一緒です」と一撃。自らプロジェクトチーフとなり、憧れの香港の建築士に直接オファーして口説き落とした。
セーラがプロデュースしたレストランは「寄り付き料理・蔵部」と名付けられ、うまい酒と料理人の心がこもった料理が出される人気スポットとなっている。
さらにすごいのは、衛生上や手間の問題から鉄製のタンクで作られている現在の日本酒を、多くの人が反対する中、桶仕込み、つまり木の桶での仕込みを提案し、日本で30年前に姿を消した桶仕込みの酒を、日本で唯一よみがえらせたのだ。「白金」と名付けられたこの酒。北斎が描いた浮世絵の世界から現代に蘇った幻の酒だ。

どうなんだろう。日本人がマジで情けなく思えないだろうか。先進性や効率ばかりに足を引っ張られ、本当の日本らしさをどんどん無くしていってしまっていて、しかもそのことにすら気が付かずにいる。セーラが「外国人に何がわかる!」なんて言葉をどれほど浴びせられたかは、想像に余りある。受け入れた「枡一」もすごいとは思うが、おそらくはセーラの想いが並大抵のものではなかったからだろう。
現在は取締役に就任したセーラ。日本が枯れてしまわないように、この先もずっと日本にいて欲しいものである。そういってる自分もまた、情けないけど。
「枡一」のサイトはこちら。
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

しばしは借り猫

年末年始ってみんな忙しいもんなんだね。いやもちろん自分も非日常モードの中で、ゆっくりしたようなしないような、逆にばたばたしちゃったような、よくわからん感じではあるんだけど。
なぜみんなが忙しいと思うかって?だってクリスマスのここのPVが95件で、さすがに少ないと思っていたら、そこから一気に下降線。仕事納めの27日には56件とがっくり減って、大晦日は下げに下げてブラックマンデーならぬブラックチューチューチューズデー24件!やんやの最低新記録!それでも元旦、二日は持ち直して31件、3日には一気に76件まで上昇。きっと私の年賀状を見た賀状交際オンリーの連中が、興味津々アクセスしてくれたんだろう。日記がなかなかおもろい!と何年かぶりのメールをくれたやつもいた。インターネットってやっぱり大したものである。自分の日記が続いていることは、少しもすごいとは思わないけど。

今度の職場は恵比寿だ。ガーデンプレイスがあり、恵比寿ラーメンがあり、流行のカフェや食事処には事欠かない、にぎやかな街だ。お昼を買いにちょっと歩いただけで、いい感じの店が目白押し。開拓のし甲斐があるってもんだ。恵比寿で飲みたいときはなおニンをぐるなび代わりに用立ててもらおうではないか。もう少し経ったらね。
で、今度のオフィスはやたらと間口が狭い。奥に長いつくりだ。今までのようにパーテーションなんてものはなくて、両方の壁に向かって配置されたデスクでみな黙々とキーボードを叩いているのだ。誰が何をやっているかは一目瞭然なわけである。
だから困るのだ。年若い連中が黙々と仕事をしている中、たとえ息抜きといえども「どっこいしょ!いらっしゃ~い!」なんていってるなおニンチャイナのお座りアニメなんかがディスプレイに出てたりすると。
まっ、そのうち私のスタンダードってことでみなに認めさせるしかないとは思っているが。
んでもってここは暖かい。喫煙スペースが分かれていて、換気に努める必要もないから何しろ一日中ポッカポカである。たまには窓を開けたいくらいだ。暖房で空気が乾燥しすぎて、治りかけた喉痛が悪化したではないか。でもさすがに新米ゆえ、目立つことは避けているので、昨日も時々ベランダをちょっと開けて深呼吸したにとどまった。社員の名前もうろ覚えなので、電話を取るのも控えた。20時を過ぎても誰も帰る気配がないので、先頭切って帰ってきた。無駄な残業はナンセンスである。いやみんな忙しくて残業してるわけで、無駄なのは今日の私だけだったんだが。
しかしなんだよね。正月明けの6日に納品しろだなんて、クライアントは暗に「休むなよ」っていってるようなもんじゃないか。酷いもんだ。
そういえば、私にあてがわれたデスクの引き出しに入っていた書類関係を整理させてもらっていたとき、3年ほど前に私が担当した鹿児島の某HP制作の資料がどっさり出てきた。私が昨年までいた会社から、今日移籍した会社に仕事を出していたのだ。手書きでこまごまと指示を書き込んだFAXは積むと厚み5センチほどもあり、懐かしかった。あのころは、HTMLのひとつも書けなかったから、修正を出すにしても、どういう方法で、どの順序で修正をすれば効率がいいかなんてことを知る由もなかったな。やっぱりちょっぴりずつでも進化しているのだ、私だって。

寒い。今年はこれ以上さらに寒くなるんだろうか。もうこれくらいにしておいて欲しい。

| 未分類 | 07:57 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |