FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-11- | ARCHIVE-SELECT | 2003-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

世界選抜のヒデ

今朝は世界NO.1サッカークラブチーム、レアル・マドリッドと世界選抜チームの試合を見るべく、早朝5:30に起きた。…起きたといっても、布団の中から見たんだけど。
キックオフ予定時間を過ぎてもダラダラとセレモニーが続くあたり、さすがスペインのお国柄。大々的に報じられていた「ヒデVSベッカム」予告報道にもかかわらず、ベッカムの姿はおろか、解説者の口からベッカムの「ベ」の字も語られないのはどういうことか。楽しみにしていたオリバー・カーンも出ていない。ベッカムなんてどうでもいいけど、カーンは久し振りにあの強面とスーパーセーブを見たかったなぁ。
前半、生えぬき揃いとはいえ、ある意味「寄せ集め」であるはずの世界選抜チームはあれよの2点リード。専制点はヒデからバッジオへのピンポイントなサイドチェンジが基点となった。やってくれるじゃあないの!…と思いつつも、気が付くと二度寝の眠りに落ちていて、はっと目が覚めたのは終了15分前。世界選抜が追加点1点を入れているものの、なんとレアルが2点を返している。世界選抜は集めた24人を全部とっかえひっかえ出したとかで、本来のディフェンスはふたりきりになっていた。ありゃりゃ。レアルもメンバーチェンジを繰り返し、ピッチにいるのはあまり知らない人ばかり。終了間際にトドメの3点目をレアルが入れてドローで終わりとあいなった。レアルの面目躍如ってところか。
エキシビジョンのような対戦だから、勝ち負けってよりもお祭り感覚のゲームだったわけだけど、でもやっぱり目を見張る個人技やらパスの妙技には「おぉ~」なんて布団かぶってるくせして叫んだりしてしまった。二度寝しちゃうようじゃどうかと思うけど。後半はビデオでじっくり見ることにしよう。

話しは変わるけど、日記にも書いた通り早々と買った「四文字熟語日めくりカレンダー」。すでに元旦のページを開いてトイレにかけてある。ちなみに元旦の言葉は「初志貫徹」。まさに元旦に相応しい。ふと思って私の誕生日をめくってみると「一触即発」。…。当たらずも遠からずな気がするのが、自分でも情けない。4日違いのakiさんの誕生日は「電光石火」。この前の早手上げクイズ大会の手の時の、手を上げる様が浮かぶなぁ。あれでいて結構すばやいところもあるんだよね。他にも見たけど、もう忘れちゃった。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |