FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-09- | ARCHIVE-SELECT | 2002-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

もうピンヒールは無理らしい

休みの日。寝坊や外出で食事の時間が乱れるのはいたし方ないとは思っているけれど、昨日は甚だイレギュラーだった。
朝10時からトヨタカップチケット争奪電話かけまくり作業をしながら朝食の用意をして、十穀飯と味噌汁の朝ご飯。その後4時30分からの友人の結婚パーティーでビュッフェをたらふくいただいただけで、昨日一日の食事は終わってしまったのだ。夕食を抜いたという感じでもないし、それでもなんとはなしに中途半端な腹具合のまま就寝したから、今朝はなんだかおなかが空いていた。

昨日の主役、新郎はアウトドア仲間だ。1年前の結婚直前に新婦のお父さんが亡くなり、籍を入れただけで式が先延ばしになっていたから、ふたりにとっては待ちに待った日だったはず。新郎のはしゃぎっぷりにその嬉しさがにじみ出ていた。お幸せに…なんてベタな台詞が無用な仲良し夫婦は、今週末初めて2人揃ってのキャンプデビューとなる。

ところでそんなおめでたい席に出席した私といえば、久し振りのピンヒールのお陰で立食パーティーをグロッキー気味に終え、買い物の予定も取りやめて帰宅した。周囲にいた男性陣も、壁にもたれかかったりで、40代にしてもう立食パーティーは無理ってことか。クラブで踊ってる分には平気なのに。
そんな情けない連中を尻目に、仕込みに奔走した幹事シュルケンさんの久し振りのダークスーツ姿が妙に新鮮だった。何かと幹事のオハチが回ってくる彼の晴れの日はいつのことか。昨日、幸せそうな新郎新婦を見ながら約束した通り、歴史に残るパーティーを企ててあげるからね。ただし私が早朝から明け方まで、バリバリ駈けずり回って裏方できるうちにしてくれなくっちゃだけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 13:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |