FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-08- | ARCHIVE-SELECT | 2002-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

Qちゃんと乙武くんに学ぶこと

高橋尚子快勝。スタート前は足の故障も手伝って、監督ともどもかなりナーバスだったというけれど、その話しの信憑性が薄れるほどの圧勝だった。いや確かに右足の蹴りが弱いとか、左足がやや外向きに着地しているとかいう現地のリポーターの言葉に、増田明美が心配そうに頷いてはいたけれど、あれだけ2位を引き離してのゴールだ。『圧勝』で問題なんかあるはずない。そうしてお馴染みのゴール後のケロっとした表情を見るにつけ、本当に人並み外れたアスリートだってことを思い知らされる。そんなに急に止まって大丈夫なのか?どうして息の乱れがすぐに戻るんだ?今までのマラソンゴールの風景をある意味一新してしまったという点でも、あの子は歴史に残る選手といえる。
しかしそんな不調高橋の、場合によっては手に汗握るレースだったかもしれないここ一番に、まるで一昔前にタイムスリップしたかのようなあの中継映像のぐっちゃぐっちゃはなんだ。ベルリンはなぜヘリが飛べないんだ。海外映像一切なし。すべてはフジテレビの映像送信技術ひとつにかかっていたのだ。もう少しなんとかならなかったのか。高橋が不調をおしてここまでやったというのに、途中で画像が何分も切れるわ、モザイク交じりの絵になるわって、いい加減にしてよ!な中継だった。野球中継で『ナースのお仕事4』を2時間半も遅れて放映してクレームを喰らったばかりなのに。放映権奪取も命取りになるぜ。

高橋尚子の超人的パフォーマンスもすごいけど、乙武君の生きざまも、決して健常者には真似のできないある意味精神のパフォーマンスを感じる。昨日2時間枠で放送された乙武くんのスポーツライターとしてのドキュメントには、ちょっとびっくりするシーンが多かった。タイで家族のためにムエタイ選手となって賞金を稼ぐ12歳の男の子に感動し、W杯が始まればほとんどの試合を生で観戦し、F1の取材にイタリアまで飛ぶ。W杯で負けて号泣していた市川の本心が知りたくなれば、わざわざ本人に会いに行き、その涙の影に結局一試合も出場できなかったGK川口の言葉があったことを知る。なにしろ好奇心旺盛なうえ、行動力がある。しかもあの100kgもある車椅子で、だ。
人間とは、気の持ちようひとつで、こうも切磋琢磨し、熱く生きることができるものなのかと、高橋尚子、乙武洋匡から教えられたような気がした。教えられたからといって、今日からの私が熱い女になるわけではないけれど、ものごとの結果だけでなく、そこへ行き着くまでの到底窺い知れない努力を思い、すごいことをすごいと認められるものの見方は、できたほうがいいなと。それなしで感じる感動なんて、なんだか薄っぺらなものでしかないのかもしれないと、そんなことを思ったりした。
スポンサーサイト



| 未分類 | 13:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

久しぶりのヒュー・グラント

1時間という時間を与えられたら何をするのが一番有意義だろう。
お風呂にゆっくり浸かる。
散歩をする。
走る。
読書する。
CDに聴き入る。
…やることによって、長く感じたり、あっという間だったりするんだろうが、カラオケの1時間というのは、実に短いことを今日つくづく実感した。
相方とふたりだったし、もう11時を過ぎていてなんだか眠かったってこともあって、1時間ぽっきりにしてしまったんだが、ふたりして交互に歌ったらあっというまに時間を告げるインターフォンが鳴った。下手すると平気で3時間程度は歌ってしまうこともあるのだ。1時間はさすがに短い。不完全燃焼状態のまま家に帰り着いた。当然帰る道すがら、ずっと歌い続けたことはいうまでもない。

「I am Sam.」以来映画を観ていなかったが、昨日やっと「About a boy」を観た。相方が自分と似ていると信じて疑わないヒュー・グラント主演ゆえ、「命」にも心惹かれた私の意向は却下され、土曜のららぽーとだというのにたった10人程度の観客といっしょにちょっと老け始めたヒュー・グラントに見入った。「ブリジット・ジョーンズの日記」以来のご無沙汰だが、髪が短くなってちょっと雰囲気が変わった。
ストーリーは、死んだ父親がかつて作曲したクリスマスソングの印税のお陰で、仕事にも就かず人との深い関わりを嫌って生きるヒューが、ひょんなことから知り合った12歳の少年との心の触れ合いの中で、本来の人としてあるべき姿に変わっていくというハートウォーミングなお話し。ヒュー以外は有名どころの俳優は出てこないが、子役含め脇役たちの演技が結構イケていて、なかなかおもしろかった。ここまで人が入らないのが不思議なくらいだ。もっともヒュー・グラント目当てで観ただけであって、そうでなければ恐らく観ていなかったであろうから、その不思議加減もさして深刻ではないんだが。

しかし今日のららぽーとは混んでいた。ところどころ店舗の入れ替えがあるのか、閉店のサインが出ているところもあったが、昨今各百貨店のデパ地下がイートインスペースを積極的に増やしている傾向がららぽーとでも見られ、アフタヌーンティーが喫茶スペースを増設したりしていた。KIHACHIアイスもいつにも増して長蛇の列。スウィーツ好きの男性も、増えたんだな。昔は好きなくせにかっこつけて食べない人が多かったけど。
そういえばデパ地下ブームの次は、ホテルの1Fにあるデリが旬らしい。端折って「ホテイチ」…?ほていちぃ?なんだか七福神みたいでずいぶん和なニュアンスなのがホテルとはミスマッチすぎるな。なんでも短縮すればいいってもんじゃないんだぞ。しかし都内にはジャンジャカ新しいホテルができているけど、最近はまともに見に行ってない。あまりにできるのが早くておっつかない。東京ドームホテルが最後くらいか。ホテルはロビー周りを眺めてカフェでお茶するだけで、ラグジュアリーな気分になるからたまにはいってみなくては。
どうでもいいけど、まには週末晴れてくれないかな。

| 未分類 | 12:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |