FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-07- | ARCHIVE-SELECT | 2002-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

忍び寄る老化

一時我が社とお付き合いのあったカメラマンが、骨髄の癌を患ってしまったと、昨日知り合いから聞かされた。直接はお会いしたとはないけれど、40代後半、下のお子さんはまだ小学生とのこと。
3ヶ月程前から腰痛を訴えながらも医者嫌いゆえ放置していたが、貧血気味になったのをきっかけに奥さんが無理やり医者へ連れて行き、血液検査の結果は一目瞭然だったとか。癌ウイルスにより骨組織がダメージを受けたことによる腰痛だったのだ。男性の腰痛持ちは多いけど貧血症状は決して侮ってはいけないのだ。

自分自身も歳を重ねてきているのだから、当然付き合いの多い周囲の連中も歳をとる。高血圧、痛風、肝疾患…、飲めるのに飲んではいけない連中が増えつつある。余裕のない仕事生活を強いられる世代だけに、体にガタがくるのは当たり前なんだけど、思いも寄らない疾患に見舞われると、本人もさることながら周囲も愕然としてしまう。他人事と思っていたことが、にわかにリアリティを帯びるからだ。きっとそういうことを繰り返しながら、歳を自覚しカラダを労わるようになっていくものなんだろう。
かくいう私も40を過ぎた途端に、驚くほどガタが来た。自慢だったハリのある肌にも、疲れが溜まると小じわが…。さらに筋肉性腰痛、首と肩こりの悪化、足の腱鞘炎…。内臓が元気なのはありがたいけれど、まさに節々系のトラブル目白押し。
来年あたりから「走る」か「泳ぐ」というモチベーションを余暇に取り入れる予定…。それまでに手遅れにならなきゃいいけど。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |