FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-07- | ARCHIVE-SELECT | 2002-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

電車の乗り方にも法則がある

10日くらいまで続くと予報されていた酷暑は、本当に昨日の夜を境に和らいだ。寝室の窓からは、ノースリーブではちょっと寒いくらいの涼しい風がそよぎ、久し振りに朝まで熟睡した。

電車の中も東京駅も、お盆が近づき子供連れの行楽客が目立つ。
同じ混むでも、混み具合が微妙に違う。
電車というのは不思議なもので、乗客の間で暗黙の法則のようなものがあるような気がする。つり革につかまって立った時のスタンスとか、隣りの人との間隔とか、乗った駅と降りる駅との距離と車両内のポジショニングの関係とか、どの位置の網棚を使うかとかいろいろだ。
普段混んだ電車に乗り付けない人というのは、すぐ降りるくせにやたら奥の方に入り込んでしまっていたり、その逆でいつまでも入り口付近に立ってるくせに最後まで乗ってる人がいたりする。網棚も自分の立っている目の前がいっぱいだからって、人を掻き分けて反対側の離れた網棚に無理やり乗っける人もいる。迷惑だ。降りるときもまた人を掻き分けて下ろすんだもん。それからつり革が側にないようなところに立ってしまい、グラグラと揺れっぱなしで回りに迷惑をかける人もいる。ちゃんと手すりやつり革につかまれるポジションを確保するアタマがないのだ。
さらにいっちゃうと、声が大きすぎる。家庭内の会話なんだから、降りてやればいいものを、個室にでもいるようなテンションで会話されるのはたまらない。オバちゃん集団が発する、もうそれこそ公害レベルのカシマシ大音量にぶち当たることも。端の目を気にしない度は、そこいらへんでしゃがんでメイクするコギャルとなんら変わりかなろう。アンタたちゃ、これから楽しい遠足かもしれんが、他の大多数の人たちは、今日も今日とてオシゴトなんですわ。周りの雰囲気に馴染んでもらいたいもんだよね。

そういえば、一昨日テントが届いた。
キャンプを始めて1年とちょっと。いつも誰か彼かのテントを使わせてもらっていたけれど、やっとマイテントを購入したのだ。組み立ててみようかと思ったけど、説明書を見た相方曰くすんごい簡単らしいので、仕舞い込んだ。デビューは9月中旬。楽しみが増えそうだ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 14:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

相方 初のスタジアム観戦

久し振りに柏日立スタジアムにレイソル戦観戦に出かける。
今まで散々っぱら誘っても、贔屓のジェフ戦しか観ないといっていた相方も、今日は初めてのスタジアム観戦。屋根もない、キャパも少ないただ単にサッカーをするためだけに作られた柏のグランドは、選手との距離も近い。いざスタンドに座ると、その臨場感に気分は高揚する。TV観戦では決して観られないキックオフ前の応援合戦を眺めながら、楽しみ楽しみ!とはしゃぐ相方が、なんだか子供のようでいとおしくなった。ピンクからパープルへとグラデーションするみごとな夕焼けが消えると、ぽっきりと折れてしまいそうなほどに細い月が幻想的に輝いていた。

結果は3対1の惨敗。取られなくてもいいような場面で前半2点を許し、後半に1点返したものの、大芝の切れのいい突破になすすべなく追加点を許し万事休すだ。7連敗。後ろの席の女の子たちの
「野球だって珍しいよね。7連敗なんてさー」という捨て台詞に思わず頷く。やれやれ。

スタジアムから柏駅に向かう道すがらは、昼間の熱気が失せて久し振りに風が気持ちよく、「鳥元」でいっぱい引っ掛けてから帰った。
シュルケンさんから、以前相方がRight-onで見て欲しがっていたからと、ケロッグのキャラクターイラスト入りTシャツをもらった。私とのり平の分まで…。駅で待ち合わせたとき、随分リュックが膨らんでるなーと思ったのは、ごっそり入ったTシャツのせいだったんだ。
ありがとー、シュルケンさん。相方とペアルックしても冷やかさないでね!

| 未分類 | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |